« 【覚え書】これは世界七不思議の一つだが……、高崎隆治「『文藝春秋』の戦争責任」。 | トップページ | 【研究ノート】人間の自己完成、そうした努力における究極の自己目的化の陥穽 »

深謝 「幸福な人生について論ずる」とき

00

-----

 幸福な人生について論ずるときは、元老院の採択ででもあるかのように、「こちらの党のほうが多数と思う」などと、私に伝えるべきではない。多数であれば、かえって善くないからである。人生に関する事柄は、多数の者に人気のあるほうが善いというふうにはならない。
    --セネカ(茂手木元蔵訳)「幸福な人生について」、『人生の短さについて 他二篇』岩波文庫、1980年、123-124頁。

-----


月末は誕生日だったのですが、沢山の皆様からお祝いのメッセージを頂戴し、大変ありがとうございました。

30代最後の1年となりましたが、次の10年への飛躍へ向けた助走の1年となるよう日々を生きて参ろうかと思います。

いろいろと頭に来たり、ガクッてくることの多い毎日ですし、文句ばかりいわれることが多いのですが、自分のきめた使命の道を丁寧に取り組んで参ろうかと思います。

皆様、ほんとうにありがとうございました。

01


02


セネカ入門―セネカと私Bookセネカ入門―セネカと私


著者:茂手木 元蔵

販売元:東海大学出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 【覚え書】これは世界七不思議の一つだが……、高崎隆治「『文藝春秋』の戦争責任」。 | トップページ | 【研究ノート】人間の自己完成、そうした努力における究極の自己目的化の陥穽 »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/39056583

この記事へのトラックバック一覧です: 深謝 「幸福な人生について論ずる」とき:

« 【覚え書】これは世界七不思議の一つだが……、高崎隆治「『文藝春秋』の戦争責任」。 | トップページ | 【研究ノート】人間の自己完成、そうした努力における究極の自己目的化の陥穽 »