« 僕はどこまでエポケーしても、今回の東日本大震災を「天罰」だの云々といいたくはない | トップページ | 「いかにして抱負経綸を行うべきか」というよりも「いかにして最良最善の意見に実現の機会を与うべきか」ということ »

桜花 春くははれる 年だにも 人の心に あかれやはせぬ 伊勢」、『古今和歌集』「春歌上 0061」

1

-----

「桜花 春くははれる 年だにも 人の心に あかれやはせぬ 伊勢」、『古今和歌集』「春歌上 0061」。

-----


一般的なソメイヨシノの類はすでに葉桜となりましたが、ヤエザクラでしょうか……。
近所の公園で美しく花開いておりましたのでひとつ。

暑くもなく・寒くもなく……このぐらいの季節がいちばんいい時期ですねw

2


3


4


5


|

« 僕はどこまでエポケーしても、今回の東日本大震災を「天罰」だの云々といいたくはない | トップページ | 「いかにして抱負経綸を行うべきか」というよりも「いかにして最良最善の意見に実現の機会を与うべきか」ということ »

詩・文学・語彙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜花 春くははれる 年だにも 人の心に あかれやはせぬ 伊勢」、『古今和歌集』「春歌上 0061」:

« 僕はどこまでエポケーしても、今回の東日本大震災を「天罰」だの云々といいたくはない | トップページ | 「いかにして抱負経綸を行うべきか」というよりも「いかにして最良最善の意見に実現の機会を与うべきか」ということ »