« 自分と他の人びととの間に、忠実な協力の心を作ること | トップページ | 田中正造「亡国に至るを知らざればこれ即ち亡国の儀につき質問書」 »

田中正造 日記 明治31年4月2日

Dsc00104


-----

日記 明治31年4月2日
四月二日 東京芝の芝浦の塩湯ニ養生す、一月以来の病苦聊か補ふあり。
一、一声高く嗚呼関東ハ不幸なりと叫びたり。
声立てよ嗚呼関東ハ不幸なり
国民は、法律師ノ奴隷タルベカラズ。被害民ハ被害地を指テ、我ハこの国土の所有主タルコトヲ忘ルベカラズ。人モシ善ヲ進メタランニハ、一歩ニテモ可ナリ。モシ人ヲ誹ラバ、善ヲ退クナリ。悪シキ人ハソノ事ヲ排スベシ。タダ我〃ハ善ヲ行ウテ止マザルニアルノミ。
    --由井正臣・小松裕編『田中正造文集(一)』岩波文庫、2004年、167頁。

-----


この田中正造翁(1841-1913)の言葉は、少し真剣にうけとらないと。

Dsc00154_b


|

« 自分と他の人びととの間に、忠実な協力の心を作ること | トップページ | 田中正造「亡国に至るを知らざればこれ即ち亡国の儀につき質問書」 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/39552839

この記事へのトラックバック一覧です: 田中正造 日記 明治31年4月2日:

« 自分と他の人びととの間に、忠実な協力の心を作ること | トップページ | 田中正造「亡国に至るを知らざればこれ即ち亡国の儀につき質問書」 »