« 旨いもの・酒巡礼記:福岡県・福岡市編「玄海鮮魚 博多 いねや」 | トップページ | 【覚え書】H.アレント 「よりましだ」とする発想の盲点 »

旨いもの・酒巡礼記:福岡県福岡市編「日本再生酒場 もつやき処 い志井」

Resize0072

-----

 二合の酒で、いつになく長谷川平蔵は、微酔いになった。
 日暮れには、まだ、間がある。
 「窓を開けてくれぬか」
 お酒を運んであらわれた座敷女中にそういいつけた平蔵は、
 「おだやかな日和がつづくことよ」
 独言(ひとりごと)のように、いった。
    --池波正太郎「霜夜」、『鬼平犯科帳 16』文春文庫、2000年、263頁。

-----


金曜日(15日)から二泊三日で滞在した福岡県博多市。
最終講義をすませてから、福岡空港へ赴く途中、博多駅ビル内の呑みや街で、ぶらりとたちよったのが「日本再生酒場 もつやき処 い志井」。

まあ、要するに立ち呑み屋。

東京にも店舗はあるようですが、その興味深いネーミングに引かれてぶらり……としのびこんだという寸法です。

みんなでワイワイガヤガヤと酒をやるのもよいのですが、ひとりで味わうようにやるのもなかなかいいもんです。

フライトまで2時間以上時間がありましたが、まだ早い時間でしたので、ゆっくりとスタンド席で豚串中心のオーダー。

先ずは生ビールとクィックメニューの「モツ煮込」

モツ煮込はよく食べているのですが、こちらの「モツ煮込」には瞠目!
味噌、醤油仕立ては定番ですが、味わいが何といいますか「塩ベース」。
あっさりとしてい、出汁まで全部飲んでしまうという暴挙に!!!

串は豚ばら、たん、しろ、コブクロ、ハツ。
野菜は、ししとうなんぞをお願いして、、、

黒糖焼酎「喜界島」をロックで、〆は「博多名物明太子」。

短い時間でしたが、いい仕事しておりました。
また寄らせていただこうかと思います。

■ 日本再生酒場 もつやき処 い志井
福岡市博多区博多駅中央街1-1
博多デイトス 1F ほろよい通り
092-292-7535

Resize0073


Resize0074


Resize0075


Resize0076


|

« 旨いもの・酒巡礼記:福岡県・福岡市編「玄海鮮魚 博多 いねや」 | トップページ | 【覚え書】H.アレント 「よりましだ」とする発想の盲点 »

」カテゴリの記事

コメント

福岡県博多市が、いつ発足したのですか?福岡市が博多市に改名したのですか?福岡県民なのに、博多市がある事を全く知りませんでした。詳しく教えて下さい。お願いします。

投稿: 通りすがり | 2011年4月22日 (金) 21時54分

通りすがり様

大変もうしわけございませんでした。

ツィッターではすでに指摘いただいたのですが、福岡県には博多市は存在せず、福岡県福岡市が存在し、そこに地名としての博多区、博多駅が存在するとご教示いただきました。

思いこみで書き誤り大変ご迷惑をおかけしましてもうしわけございませんでした。

表題はすべて改めさせていただきました。

投稿: ujikenorio | 2011年4月23日 (土) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旨いもの・酒巡礼記:福岡県福岡市編「日本再生酒場 もつやき処 い志井」:

« 旨いもの・酒巡礼記:福岡県・福岡市編「玄海鮮魚 博多 いねや」 | トップページ | 【覚え書】H.アレント 「よりましだ」とする発想の盲点 »