« 【研究ノート】新渡戸稲造の愛国観……人道正義の競争として | トップページ | 桜花 春くははれる 年だにも 人の心に あかれやはせぬ 伊勢」、『古今和歌集』「春歌上 0061」 »

僕はどこまでエポケーしても、今回の東日本大震災を「天罰」だの云々といいたくはない

Resize0086


-----

かくかくのとらえ方とか、「この」世界についての意見といったものは、どれも、あらかじめ与えられている世界にその基盤をもっている。わたしが判断中止によってまぬがれようとしているのは、まさにこの基盤なのである。すなわちわたしは、世界を越えているのであり、世界は、いまやわたしにとっては、まったく特殊な意味で現象になっているのである。
    --フッサール(細谷恒夫・木田元訳)『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』中公文庫、1995年、275頁。

-----


たんなる雑感ですが、やっぱり僕はどこまでエポケーしても、今回の東日本大震災を「天罰」だの云々といいたくはない。

Resize0087


 ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学 ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

|

« 【研究ノート】新渡戸稲造の愛国観……人道正義の競争として | トップページ | 桜花 春くははれる 年だにも 人の心に あかれやはせぬ 伊勢」、『古今和歌集』「春歌上 0061」 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕はどこまでエポケーしても、今回の東日本大震災を「天罰」だの云々といいたくはない:

« 【研究ノート】新渡戸稲造の愛国観……人道正義の競争として | トップページ | 桜花 春くははれる 年だにも 人の心に あかれやはせぬ 伊勢」、『古今和歌集』「春歌上 0061」 »