« 福岡空港で「角打(かくうち)」!  | トップページ | 僕はどこまでエポケーしても、今回の東日本大震災を「天罰」だの云々といいたくはない »

【研究ノート】新渡戸稲造の愛国観……人道正義の競争として

Resize0084

-----

 我国には国を愛する人は多くあるが、国を憂うる人は甚だ少い。しかしてその国を愛するものも盲目的に愛するものがありはせぬかを虞る。かつてハイネの詩の中に、仏人が国家を愛するは妾を愛する如く、独逸人は祖母を愛する如く、英国人は正妻を愛するが如くであるというた。妾に対する愛情は感情に奔ることが多く、可愛い時には無闇に愛するが、ちょっと気に入らぬ時にこれを擲打するに躊躇せぬ。祖母を愛するのは御無理御尤一天張りである。正妻を愛するのは、妻の人格を重んじ、自己の家と子供との利害を合理的に考え合せて愛するので、妻に過ちがあればこれを責めて改悛させるその愛情は一時的の感情に止まらぬのである。世人はよく国債の関係には道徳なく、正義人道が行われないというものもあるが、我輩の見る所では、決してこれらのものが皆無であるということはない。こんにちはいまだ何事もこれらの標準によりて決せられるるとは言い難いのではあるが、しかし早晩国の地位を判断するには正義人道を以てする時が来るのである。近頃は何れの国でもその心事を隠すことが出来ない、国民の考えていること、政府の為したことは、殆ど総て少時間の後に暴露し、列国環視の目的物となる。そこで世界の各国が一刻を判断する時には、その言うこと為すことの是非曲直を以て判断する、あるいはその代表者が如何なる言を発したか、如何なる行動を執ったかによりて判断する、またある国が卑劣であり、姑息であり、陰険であり、または馬鹿げたことをすれば、それは直に世界に知れ渡るのである。従てある国が世界のため、人道のために如何なる貢献をなしたかは、その国を重くしその威厳を増す理由となる。国がその地位を高めるものは人類一般即ち世界文明のために何を貢献するかという所に帰着する傾向が著しくなりつつある。
    --新渡戸稲造「真の愛国心」、『実業之日本』二八巻二号、1925年1月15日。

-----


1925年年頭の『実業之日本』に寄せた新渡戸稲造(1862-1933)の「真の愛国心」の末尾の部分。

様々な愛国の形を振り返りながら、これまでの愛国なるものが結局の所愛国の対象そのものをそこなってきたなかで、他者に関わる正義人道を立脚をもってして「愛国」を完遂すべしと論じたものです。

時代の趨勢は、「従てある国が世界のため、人道のために如何なる貢献をなしたかは、その国を重くしその威厳を増す理由となる。国がその地位を高めるものは人類一般即ち世界文明のために何を貢献するかという所に帰着する」と予見しましたが、現実にははなはだ遠いところがございますが、そうせしめる努力というのは今こそ必要かも知れません。

Resize0085


|

« 福岡空港で「角打(かくうち)」!  | トップページ | 僕はどこまでエポケーしても、今回の東日本大震災を「天罰」だの云々といいたくはない »

【研究ノート】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【研究ノート】新渡戸稲造の愛国観……人道正義の競争として:

« 福岡空港で「角打(かくうち)」!  | トップページ | 僕はどこまでエポケーしても、今回の東日本大震災を「天罰」だの云々といいたくはない »