« 苦しんで獲得した、よりよき幸福 | トップページ | [東日本大震災の記録]4月4日。 »

待てと言ふに 散らでしとまる ものならば 何を桜に 思ひまさまし

Resize0057

-----

待てと言ふに 散らでしとまる ものならば 何を桜に 思ひまさまし 読人知らず
    --『古今和歌集』(巻二春歌下 0070)

-----


昨日の続きのようで恐縮ですが、4/2も櫻の開花が「いいかんじ」でしたので、ひとつ。
月末から月初にかけて少し暖かい日が続いたからでしょうか。東京でも「いいかんじ」で咲き始めましたネ。

少し和んでしまいます。

どんちゃんさわぎをする必要はありませんが、少し花でも愛でるといい気分転換になるかと思います。

ということで呑んで沈没いたします。


Resize0058


Resize0059


Resize0060


新訂 新古今和歌集 (岩波文庫)Book新訂 新古今和歌集 (岩波文庫)


著者:佐佐木 信綱

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 苦しんで獲得した、よりよき幸福 | トップページ | [東日本大震災の記録]4月4日。 »

詩・文学・語彙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待てと言ふに 散らでしとまる ものならば 何を桜に 思ひまさまし:

« 苦しんで獲得した、よりよき幸福 | トップページ | [東日本大震災の記録]4月4日。 »