« [東日本大震災の記録]4月28日。 | トップページ | 人間を人間自身から疎隔し、わけても人間が自らの自由の意識に至る通路を塞いできたということを、指摘することが必要 »

中庸は、おもしろくない教義かもしれないが、実に多くの事柄において真実の教義である

Resize0100


-----

 中庸というのは、おもしろくない教義である。忘れもしない、私も若いときには中庸を軽蔑と憤りをもって退けたものだ。なにしろ、当時、私が賛美したのは英雄的な極端であったのだ。しかし、真理はいつもおもしろいわけでない。一方、おもしろいというだけで信じられているものもたくさんあるが、実際には、おもしろいという以外に有利な証拠はほとんどない。中庸が一つの適例である。つまり、中庸は、おもしろくない教義かもしれないが、実に多くの事柄において真実の教義である。
 中庸を守ることが必要である一つの点は、努力とあきらめのバランスに関してである。どちらの教義も、従来、極端な主唱者がいた。あきらめの教義を説いてきたのは、聖徒や神秘主義者であった。努力の教義を説いてきたのは、生産性向上専門家と筋肉的キリスト教徒であった。これら対立する両派には、それぞれ、一面の真理があったが、全面的な真理はなかった。
    --バートランド・ラッセル(安藤貞雄訳)『ラッセル幸福論』岩波文庫、1991年、254頁。

-----


ラッセル卿(Bertrand Arthur William Russell,OM,FRS,1872-1970)曰く「中庸」が大事だけどこれは若い頃にはわからんと。

賛美したのは英雄的な極端。

しかし「中庸は、おもしろくない教義かもしれないが、実に多くの事柄において真実」。

そこで必要なのが努力とあきらめのバランスだとか。

まあシャツの首廻りに指1本はいるぐらいの余裕は必要だろうね。


Resize0101


 ラッセル幸福論 ラッセル幸福論
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

|

« [東日本大震災の記録]4月28日。 | トップページ | 人間を人間自身から疎隔し、わけても人間が自らの自由の意識に至る通路を塞いできたということを、指摘することが必要 »

哲学・倫理学(現代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中庸は、おもしろくない教義かもしれないが、実に多くの事柄において真実の教義である:

« [東日本大震災の記録]4月28日。 | トップページ | 人間を人間自身から疎隔し、わけても人間が自らの自由の意識に至る通路を塞いできたということを、指摘することが必要 »