« 僕は11日をいつも忘れない。 | トップページ | 【覚え書】アマルティア・センのハンチントン文明観批判 »

キャンパスの桜:「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし 在原業平」

Dsc00245_1


-----

「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし 在原業平」『古今和歌集』(巻一春歌上 0053)

-----

今日は休日だったのですが、週末の出張で使用する航空券を取りに大学まで出かけました。

一般入試の試験官以来だったので、2ヶ月ぶりでしょうか。

郵送してもらうという手もあったのですが、少し気分転換もかねて赴いた次第。

桜が満開でした。

キャンパスに咲き誇る桜の美しさに疲れと憂鬱さが癒されたような気がします。

また知己の学生と少し懇談して、お世話になっている先輩と少し雑談。

さあ、これからまた仕切直してがんばりますかッ。

まあ、最後に駅前のイングリッシュパブにて一杯やってはしまいましたがね(苦笑

Dsc00248_2


Dsc00252_3


Dsc00254_4


Dsc00257_5


Dsc00259_6


Dsc00262_7

古今和歌集 (岩波文庫)Book古今和歌集 (岩波文庫)

著者:佐伯 梅友
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 僕は11日をいつも忘れない。 | トップページ | 【覚え書】アマルティア・センのハンチントン文明観批判 »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/39588431

この記事へのトラックバック一覧です: キャンパスの桜:「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし 在原業平」:

« 僕は11日をいつも忘れない。 | トップページ | 【覚え書】アマルティア・センのハンチントン文明観批判 »