« 「情報過多は、むしろ理解の妨げ」になるどころか「自分の判断を下す手間まで省いてくれる」とは……。 | トップページ | 旨いもの・酒巡礼記:北海道・札幌市、番外編「SUNTORY BAR 1999」 »

旨いもの・酒巡礼記:北海道・札幌市編「函館海鮮居酒屋 魚まさ」

Resize0127


Resize0128

-----

 そのころ、秋山小兵衛は元長の二階で、松村伊織と酒を酌みかわしていた。
 小兵衛が、きげんよく酒をすすめるものだから、伊織は先刻の醜態を忘れ果てたかのように盃を重ね、小兵衛のさそいにのって、
 「いや、先生、まことにどうも……わたしも、あのようなことになろうとは、まさかに、おもいもおよばぬことで……このようなことになるのでしたら、あんなことをするのではありませんでした」
 二十三歳の、いかにも若わかしい顔に愛嬌笑いを浮べ、八年ぶりに会った小兵衛老人の前で、すっかり打ちくつろぎ、ぺらぺらとしゃべりまくる態は、とうてい、これが旗本の子弟ともおわれぬ。
    --池波正太郎「嘘の皮」、『剣客商売 3 陽炎の男』新潮文庫、昭和六十一年、137-138頁。

-----

13日の金曜日!に北海道へ到着したのですが、18:00ちょっと前にホテルに荷物を預けてから、お世話になったのが「魚まさ」(魚まさ 札幌すすきの店)。

北海道の知人が予約をいれてくれたところなのですが、もともとは函館産まれ、函館育ちの居酒屋で、この4月に札幌店が開店したというできたてほやほやのお店。

テーマは「函館の食材を函館で食す」!

以前、北海道の知人に「北海道に“旬”はありません。いつ何を食べても美味しいんです」といわれたことがありますが、その食の一つの“極み”である「函館」を堪能させていただいた次第です。

お任せのコースと単品の注文に、飲み放題をつけてはじめましたが、北海道限定の「サッポロクラシック」で乾杯。
お通しは、「鮪のしぐれ煮」。

クラシックの芳醇な味わいで再会を喜ぶとともに、薄味ながらしっかりと味わいを主張する「しぐれ煮」に舌鼓。


さて……最初にはこばれてきたのは、まずは名物の「活イカ」からw

ごらんのとおり、生きているイカをそのまま1本どーん!、と。

お造りでやるわけですが、口蓋で身が跳ねるというのはこのことでしょうか。

3人でも多いかなというイカですが、こちらは後で、残りを天ぷらにしていただき、1度で2度美味しいという寸法。

お造りはしめさばとサーモン。

しめさばの脂も素晴らしく、こちらも口の中で溶けてしまい、生きのよいサーモンにも驚愕。新鮮なサーモンは本土ではめったに見ることができませんから、、、

「これが本物の鮭かッ!」

……などと口にしてしまう始末ですw

それからお任せの串盛り(塩)。

鶏中心のオーダーですが、どちらも「ぷりぷり」の味わいに、北海道の幸のすばらしさに納得ですが、ここはひとつ「どこでも出てくるメニューで、それが本物かどうか確かめてやろう」……ということになり・・・

お願いしたのが「鯖の塩焼き」

日本のどの家庭でも作られる定番メニューですが、、、

この身ののり具合を見てください。

輝いていますよw

輝いているのは見てくれだけではありません。

一口口に運んだとたん、

「参りました」

……というのはこのことでしょうか。

終盤、これをやらずに「北海道から帰ることはできない」というわけでお願いしたのが、「豚串」です。

北海道では「ヤキトリ」と言えば「ヤキトン」が出てくるように、豚の名産地。

大降りの肉をタマネギと豪快にアレンジし、秘伝のタレで焼いた奴で勝負。

いあずもがなこちらの負けですよねwww

結局、19:00からはじめてラスト・オーダーまで飲み続けた次第ですが、いやはや、、、

「いい仕事をしておりました」

また来道するときには訪れたいものです。

ありがとうございました。

※たぶん、他にも頼んではいると思うのですが、写真解説はこれだけで……すいません。


■ 函館海鮮居酒屋 魚まさ 札幌すすきのF45店
住所 〒064-0804 北海道札幌市中央区南4条西5 F45ビル8F
TEL 011-252-6801
営業時間 17:30-24:00
定休日  日曜日

http://r.gnavi.co.jp/h202902/

Resize0129


Resize0130


Resize0131


Resize0132


Resize0133


Resize0134


Resize0135


Resize0136


Resize0137


|

« 「情報過多は、むしろ理解の妨げ」になるどころか「自分の判断を下す手間まで省いてくれる」とは……。 | トップページ | 旨いもの・酒巡礼記:北海道・札幌市、番外編「SUNTORY BAR 1999」 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
魚まさすすきの店の魚まさちゃんです!このたびはご来道、ご来店ありがとうございました!そして素敵な紹介もしていただいて、感謝感激です☆喜んでいただいてうれしい限りです!
またお喜びの声がいただけるようにがんばります( ^ω^ )
またのご来店お待ちしております!

投稿: 魚まさちゃん | 2011年5月18日 (水) 22時30分

魚まさちゃん様

コメントありがとうございます。

5/13にお世話になりました。

リーズナブルな価格で本物を頂戴しまして望外の喜びでした。

来年、またサッポロへいくかと思いますが、是非、その切も宜しくお願いします。

こちらのほうが、ありがとうございました、です。

投稿: 氏家 法雄 | 2011年5月19日 (木) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旨いもの・酒巡礼記:北海道・札幌市編「函館海鮮居酒屋 魚まさ」:

« 「情報過多は、むしろ理解の妨げ」になるどころか「自分の判断を下す手間まで省いてくれる」とは……。 | トップページ | 旨いもの・酒巡礼記:北海道・札幌市、番外編「SUNTORY BAR 1999」 »