« 「人間を歪めるもの」に対する抵抗は、イデオロギーが先行してはなりませんよ、ホント | トップページ | 人間の顔と精神に積まれた多くの層を知ること »

日々の生活こそは凡(すべて)てのものの中心

1_dscn0946


-----

 日々の生活こそは凡(すべて)てのものの中心なのであります。またそこに文化の根元が潜みます。人間の真価は、その日常の暮らしの中に、最も正直に示されるでありましょう。
    --柳宗悦『手仕事の日本』岩波文庫、1985年、231頁。

-----


先日、キャベツの中から発見された蝶の幼虫をそのままそだてていますと、サナギになったわけですが、それが今朝、蝶へと成長しました!

柄からすると、モンシロチョウ。
餌の与え方も調べましたので少し飼育してみようと思います。

早速、名前を何にするのか……息子殿が思案中。

日常生活に注目しながら少しだけ丁寧に生きていくと、それなりに発見というものはあるものです。

11_dscn0916


2_dsc00095


3_dsc00097


4_img_0140


手仕事の日本 (岩波文庫)Book手仕事の日本 (岩波文庫)


著者:柳 宗悦

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「人間を歪めるもの」に対する抵抗は、イデオロギーが先行してはなりませんよ、ホント | トップページ | 人間の顔と精神に積まれた多くの層を知ること »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々の生活こそは凡(すべて)てのものの中心:

« 「人間を歪めるもの」に対する抵抗は、イデオロギーが先行してはなりませんよ、ホント | トップページ | 人間の顔と精神に積まれた多くの層を知ること »