« 人間を人間自身から疎隔し、わけても人間が自らの自由の意識に至る通路を塞いできたということを、指摘することが必要 | トップページ | 保守主義的イデオロギー形成のこの第一段階 »

義務についての信念から行為すると断言するのが真であるのか、行われることが現実に義務であるのか

Dsc00026


-----

義務についての信念から行為すると断言するのが真であるのか、行われることが現実に義務であるのか、--このような問いや疑いは良心に対しては何の意味ももっていない。--断言が真であるかどうかと問うときには、内心の意図が表面に出された意図とちがうということが、すなわち、個々の自己の意欲が、義務から、一般的で純粋な意識の意志から、離れるということが、前提されているのであろう。これは、表に出た意図は言説に表されるけれども、本来、行動の真の動機となるのは、内心の意図であろうということである。とはいえ、一般的意識と個別的な自己をかく区別することこそは、すでに廃棄されたことなのである。そしてこれを廃棄することが良心なのである。自らを確信する自己という直接知が、法則であり義務である。その意図は、自らの意図であることによって、正義である。そのとき、求められていることは、自己がこのことを知るということ、自らの知と意欲が正しいことについて、信念を語っているということ、それだけである。この断言を言表することは、それ自体で、それが特殊であるという形式を廃棄している。そのとき言表は自己の必然的な一般性を認めている。つまり自らを良心と呼ぶことによって、自らを純粋に自己自身を知ることであると、純粋に抽象的に意欲することであると、呼ぶことになる、すなわち、自らを、他人が承認するような、他人と等しいような、一般的知および意欲であると呼ぶことになる。というのは、他人も純粋な自己-知および意欲にほかならないからである。
    --G.W.F.ヘーゲル(樫山欽四郎訳)『精神現象学 下』平凡社、1997年、248-249頁。

-----


表層的な動機還元主義を慎重に廃しておりますなあ、ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel,1770-1831)。

Dscn0078_2


 精神現象学 下 精神現象学 下
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

|

« 人間を人間自身から疎隔し、わけても人間が自らの自由の意識に至る通路を塞いできたということを、指摘することが必要 | トップページ | 保守主義的イデオロギー形成のこの第一段階 »

哲学・倫理学(近代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 義務についての信念から行為すると断言するのが真であるのか、行われることが現実に義務であるのか:

« 人間を人間自身から疎隔し、わけても人間が自らの自由の意識に至る通路を塞いできたということを、指摘することが必要 | トップページ | 保守主義的イデオロギー形成のこの第一段階 »