« どんな本も、それは自分を解放する手がかりだ | トップページ | 「近道」をさけて「道」を創造していくということ »

古来、哲学と称せられるものは、何等かの意味において深い生命の要求に基づかざるものはない

Resize0113

-----

 古来、哲学と称せられるものは、何等かの意味において深い生命の要求に基づかざるものはない。人生問題というものなくして何処に哲学というべきものがあるであろう。
    --西田幾多郎「生の哲学について」、『西田幾多郎全集 第6巻』岩波書店、1965年。

-----


月曜から勤務先の短大での哲学の新年度の講義がはじまりました。

例年水準でみると、まあ50名前後かなあと思っていると、100名を超えていてびっくり……。

こちらも全力で死闘をつくしますので、履修された皆様がた、どうぞ宜しくお願いします。

……ということで、ひさしぶりにキャンパスをおとずれましたので、その様子を少々……。

すいません、考える暇なしで(涙


Resize0114


Resize0115


Resize0116


Resize0117


Resize0118


Resize0119


Resize0120


Resize0121


|

« どんな本も、それは自分を解放する手がかりだ | トップページ | 「近道」をさけて「道」を創造していくということ »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/39930891

この記事へのトラックバック一覧です: 古来、哲学と称せられるものは、何等かの意味において深い生命の要求に基づかざるものはない:

« どんな本も、それは自分を解放する手がかりだ | トップページ | 「近道」をさけて「道」を創造していくということ »