« フェアプレーの義務は、基本的な道徳的観念としての忠実や感謝のような、他の一応の義務と並ぶものである。しかし、これらの義務と混同されるべきではない | トップページ | 「人間を歪めるもの」に対する抵抗は、イデオロギーが先行してはなりませんよ、ホント »

美しき花もその名を知らずして文にも書きがたきはいと口惜し。

1


-----

美しき花もその名を知らずして文にも書きがたきはいと口惜し。
    --正岡子規『墨汁一滴』岩波文庫、1984年、90頁。

-----


気分転換に近所を自転車で走ってきたのですが、美しい花が精一杯咲き誇っておりました。

紫陽花は少しフライング気味のようでしたが……、まあひとつw

2


3


4


4a


5


6


墨汁一滴 (岩波文庫)Book墨汁一滴 (岩波文庫)


著者:正岡 子規

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« フェアプレーの義務は、基本的な道徳的観念としての忠実や感謝のような、他の一応の義務と並ぶものである。しかし、これらの義務と混同されるべきではない | トップページ | 「人間を歪めるもの」に対する抵抗は、イデオロギーが先行してはなりませんよ、ホント »

詩・文学・語彙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しき花もその名を知らずして文にも書きがたきはいと口惜し。:

« フェアプレーの義務は、基本的な道徳的観念としての忠実や感謝のような、他の一応の義務と並ぶものである。しかし、これらの義務と混同されるべきではない | トップページ | 「人間を歪めるもの」に対する抵抗は、イデオロギーが先行してはなりませんよ、ホント »