« 「自分で定義をするとき、その定義のとおりに言葉を使ってみて、不都合が生じたら直す」柔軟さ | トップページ | 東京から少し離れて…… »

宗教の真正さを試すべき試金石はどこにあるのか。

1_dscf5306


-----

 レッシングの『賢者ナータン Nathan der Weise』の指環の物語は、宗教の究極的な最奥の真理がもはや外面的にではなく内面的にのみ立証されることを現している。歴史的事実による経験的な証明であれ、抽象的な論拠にもとづく論理的・形而上学的証明であれ、所詮すべての証明は不十分である。なぜならば結局において、本来の宗教はそれが作用する限りにおいてのみ存在し、そしてその本質は心情と行為においてのみ実現されるからである。
 すべての宗教の真正さを試すべき試金石はこの一点に存する。
    --カッシーラー(中野好之訳)『啓蒙主義の哲学 上』ちくま学芸文庫、年、274-275頁。

-----

外面的・歴史主義的に導かれる宗教における真理の弁証というものが、宗教間対立の前では、もはや何の訳にも立たないことをその身で経験したレッシング(Gotthold Ephraim Lessing,1729-1781)は、宗教的真理の弁証は、もはや「心情と行為においてのみ」実現されるのでは、と問う。

激しく同意です。

「すべての宗教の真正さを試すべき試金石はこの一点に存する」。


Resize0218


Nathan Der WeiseBookNathan Der Weise


著者:C. Lessing

販売元:Philipp Reclam Jun Verlag GmbH
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 「自分で定義をするとき、その定義のとおりに言葉を使ってみて、不都合が生じたら直す」柔軟さ | トップページ | 東京から少し離れて…… »

神学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗教の真正さを試すべき試金石はどこにあるのか。:

« 「自分で定義をするとき、その定義のとおりに言葉を使ってみて、不都合が生じたら直す」柔軟さ | トップページ | 東京から少し離れて…… »