« 「位置づけられている者」として構築されること | トップページ | L'homme n'est qu'un roseau,le plus faible de la nature;mais c'est un roseau pensant. »

読むことから生きる糧へ転換すること

01_dsc01036


-----

 教授過程は、思考の良い習慣を産み出すことに集中すれば、それだけ統一されているのである。われわれは思考の方法について論じてよいのであって、それは間違っているわけではないが、大切なことは、思考することそのものが教育的な訓練の方法なのだ、ということである。だから教授法の要点は、熟慮の要点と全く同じなのである。それらは、以下の諸点である。まず第一に、生徒に本物の経験的場面を与えなければならない--生徒がそれ自体のためにそれに興味をもつような、連続的活動が行なわれなければならないのである。第二に、この場面の中で、本物の問題が、思考を呼び起こす刺激として、現われ出なければならない。第三に、生徒は、それを処理するのに必要な、情報をもつべきであり、観察を行うべきである。第四に、解決策が生徒の心に浮かび、しかも、生徒がそれを整然と展開する責任をもつべきである。第五に、生徒は、自分の考えを適用して試し、それらの意味を明らかにし、自分でそれらの妥当性を見出す機会と必要とを持つべきである。以上の五点である。
    --デューイ(松野安男訳)『民主主義と教育 上』岩波文庫、1975年、259-260頁。

-----


昨日の哲学の講義では、哲学という枠組みから一旦離れて「本を読むこと」について少々お話を。

大学生の学習において、それまでの義務教育と最も異なる側面とは何かと言えば、やはりどれだけそのひとが本を読んだかということです。換言すれば、授業時間の教室で学問とか学習が完結しないということを意味していると思います。

教室の時間というのはひとつのきっかけを与えるだけにすぎません。
だから自分で本を読んで開拓していくしかありません。

本は読んだ方が、読まない方よりもいい。

そのことはこれまでの経験で誰しもが分かっております。

しかし、では具体的にどう読むべきなのか……これはテクネーの議論と捉えられると困りますけど……というところを、ひとりひとりがこれまでの読書経験をふりかえりつつ、仲間達と意見を交わし、よいそれがみつかれば試してみる……そいうところは必要だろうとしばし議論。

何しろ「本を読め」と言われても「何から読めばいいのか」誰も教えてくれるわけではありませんから。

ともかく本は読んだ方がいい。

迷っているならその間に一頁でも読まないと進みません。

しかし、人間の生命は無限ではなく有限です。

であるならば、人が一生かかって読むことの出来る本の量にも限界があります。

だとすれば、数百年にわたって読み継がれている古典名著とよばれる良書から読み進める他ありません。

別に漫画を読むなという単純な議論ではありません。

漫画も多いに読めばいいと思う。
しかしそれと同じぐらい良書も読んだ方がいいという話です。

そしてこれまでの知識の吸収=学習観というドクサが、人に誤った読書観を植え付けていることも多々あるのでそこも指摘した次第です。

要するに、本を読むことによって「新しい知識」が増加することは言うを待ちません。

しかしそれだけが本を読むということでもないということです。本を読むということは直接、過去の賢者や哲学者たちと読み手が対話をするということ。

対話をするということとは何かといえば、それは思索しながら読書し、読書しながら思索を重ねるということです。

知識は確かに少ないよりは多い方がいいでしょう。
しかし、それは手段にすぎません。
そこからそのひとがどれだけ知識を知恵へ転換できるのか……、それが思索・熟慮にかかっていると思います。

ひとりひとりの学生さんがより沢山の本を深く読んで欲しいと思います。
しかし、同時にそこから学んだものを自分自身の生きる糧へと転換すること、それだけは失念してもらいたくない部分ですねw

02_dsc01044


03_dsc01051


民主主義と教育〈上〉 (岩波文庫)Book民主主義と教育〈上〉 (岩波文庫)


著者:J. デューイ

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


民主主義と教育〈下〉 (岩波文庫)Book民主主義と教育〈下〉 (岩波文庫)


著者:J. デューイ

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 「位置づけられている者」として構築されること | トップページ | L'homme n'est qu'un roseau,le plus faible de la nature;mais c'est un roseau pensant. »

詩・文学・語彙」カテゴリの記事

コメント

現実の内容ばかりを述べていると、進歩はない。閉塞感にさいなまれる。
日本語には、時制がない。いうなれば、日本語は現実構文ばかりの言語である。
「あるべき姿」を実現させようと努力すると、「今ある姿」の内容は頭の中から消えてなくなる。
だから、日本人の現実対応策には破たんが生ずる。後には、現実離れのした空理空論だけが残る。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

投稿: noga | 2011年6月22日 (水) 21時50分

noga 様

かき込みありがとう御座います。

日本語の時制の様態から、現実を開拓すべき理念と現実との二律背反の実体への指摘、興味ぶかく拝見させていただきました。

仰るとおりですね。

カントは、理念と現実はまったくかけはなれたものではないと説きますが、日本では、別々のカテゴリーとして扱われてしまうがゆえに、そーした不毛な状況が不可避的に招来されてしまうのかもしれませんね。

投稿: ujike norio | 2011年6月23日 (木) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読むことから生きる糧へ転換すること:

« 「位置づけられている者」として構築されること | トップページ | L'homme n'est qu'un roseau,le plus faible de la nature;mais c'est un roseau pensant. »