« 民主主義は最善の社会を齋す最善の方法ではなく、唯単に最悪の事態を避ける為の消極的=防御方法に過ぎない | トップページ | 今の政治に今の日本を見る、恰も下野の岩舟山の如し »

【覚え書】「血でもって書け。そうすれば、きみは、血が精神であることを経験するであろう」

1_imgp0049


-----

 すべての書かれたもののうちで、わたしは、人が自分の血でもって書いているものだけを、愛する。血でもって書け。そうすれば、きみは、血が精神であることを経験するであろう。
 他人の血を理解するということは、たやすくできるこではない。わたしは怠け者の読書家たちを憎むのだ。
 読書というものを見抜いている者は、もはや読書のために何もしないのであろう。なお一世紀のあいだ、読書なるものが存在し続けるとすれば--精神そのものが悪臭を放つにいたるであろう。
 誰もが読むことを学んでよいということになれば、長いあいだには、書くことだけではなくて、考えることまでも腐敗させられる。
 かつて精神は神であった。次いで精神は人間になった。そして今は、それどころか、精神は賤民にさえなる。
 血と箴言とで書く者は、読まれることではなくて、暗記されることを欲する。
    --ニーチェ(吉沢伝三郎訳)『ツァラトゥストラ 上 ニーチェ全集9』ちくま学芸文庫、1993年、72-73頁。

-----


痺れた一節なので、覚え書として残しておきます。


2resize0187


ニーチェ全集〈9〉ツァラトゥストラ 上 (ちくま学芸文庫)Bookニーチェ全集〈9〉ツァラトゥストラ 上 (ちくま学芸文庫)


著者:フリードリッヒ ニーチェ

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ニーチェ全集〈10〉ツァラトゥストラ 下 (ちくま学芸文庫)Bookニーチェ全集〈10〉ツァラトゥストラ 下 (ちくま学芸文庫)


著者:フリードリッヒ ニーチェ

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 民主主義は最善の社会を齋す最善の方法ではなく、唯単に最悪の事態を避ける為の消極的=防御方法に過ぎない | トップページ | 今の政治に今の日本を見る、恰も下野の岩舟山の如し »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/40260500

この記事へのトラックバック一覧です: 【覚え書】「血でもって書け。そうすれば、きみは、血が精神であることを経験するであろう」:

« 民主主義は最善の社会を齋す最善の方法ではなく、唯単に最悪の事態を避ける為の消極的=防御方法に過ぎない | トップページ | 今の政治に今の日本を見る、恰も下野の岩舟山の如し »