« 専制国家だけでなくあらゆる制度は「生活様式および習俗を決して変えてはならないということが、主要なる格率である」 | トップページ | 【覚え書】「血でもって書け。そうすれば、きみは、血が精神であることを経験するであろう」 »

民主主義は最善の社会を齋す最善の方法ではなく、唯単に最悪の事態を避ける為の消極的=防御方法に過ぎない

1_dscf4056

-----

 既に述べた様に、民主主義は最善の社会を齋す最善の方法ではなく、唯単に最悪の事態を避ける為の消極的=防御方法に過ぎない。もしそれを最善の方法と考えへたとしたら、民主主義ほど始末に負へぬ代物は他に無いであらう。言ふまでもなく、民主主義は君主、支配者、政治権力などの強者を、その利己心の横暴を抑制する手段として思ひ附いたものである。その意味において消極的=防衛的なのである。機構の隅々に安全弁を備へ、強者の利己心、即ち悪の跳梁を防禦しようといふ訳である。詰り、敵を仮想した思想であり、敵意に備へる思想である。
    --福田恆存「偽善と感傷の国」、『日本を思ふ』文春文庫、1995年、334頁。

-----


この観点を失念してしまうと恐らく、民主主義は機能しないのではあるまいか。
民主主義そのものから「積極性」を導く出すことは不可能ですし、福田恆存(1912-1994)氏の指摘する通り、「君主、支配者、政治権力などの強者を、その利己心の横暴を抑制する手段として思ひ附いた」「消極的=防衛的」機構に他ならないですから。

そしてこれを荒廃させてしまうのは、そうした横暴行う連中よりも、横暴から身を守られている連中に他ならない。

そうならないようにしたものでございます。


2_resize0189


|

« 専制国家だけでなくあらゆる制度は「生活様式および習俗を決して変えてはならないということが、主要なる格率である」 | トップページ | 【覚え書】「血でもって書け。そうすれば、きみは、血が精神であることを経験するであろう」 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/40248665

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義は最善の社会を齋す最善の方法ではなく、唯単に最悪の事態を避ける為の消極的=防御方法に過ぎない:

« 専制国家だけでなくあらゆる制度は「生活様式および習俗を決して変えてはならないということが、主要なる格率である」 | トップページ | 【覚え書】「血でもって書け。そうすれば、きみは、血が精神であることを経験するであろう」 »