« つまりこのあたりで日本人は、宗教アレルギーから脱していくためのまじめな学習を必要としているのではないか | トップページ | 「そういう考え方もあったか」という驚きにまさるものはない »

ニーチェの描写した市民社会における隊長と隊員のやりとりから一コマ(苦笑

Lento_20110606131105


-----

 党派の中の勇気。--あわれな羊たちはその隊長に言う。「とにかく先に立って行ってくれ。そうすればわれわれは君について行く勇気を決して無くさないであろう。」あわれな隊長はしかし心の中で考える。「とにかく私の後をついて来てくれ。そうすれば私は諸君を導く勇気を決して無くさないであろう。」
    --ニーチェ(茅野良男訳)『曙光 ニーチェ全集7』ちくま学芸文庫、1993年、354頁。

-----

ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche,1844-1900)が推察して描写した隊長と隊員のやりとりのようなのですが、、、

……リアルに「おなかいっぱい」

げふげふwww


002_2


ニーチェ全集〈7〉曙光 (ちくま学芸文庫)Bookニーチェ全集〈7〉曙光 (ちくま学芸文庫)


著者:フリードリッヒ ニーチェ

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« つまりこのあたりで日本人は、宗教アレルギーから脱していくためのまじめな学習を必要としているのではないか | トップページ | 「そういう考え方もあったか」という驚きにまさるものはない »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/40348856

この記事へのトラックバック一覧です: ニーチェの描写した市民社会における隊長と隊員のやりとりから一コマ(苦笑:

« つまりこのあたりで日本人は、宗教アレルギーから脱していくためのまじめな学習を必要としているのではないか | トップページ | 「そういう考え方もあったか」という驚きにまさるものはない »