« 「そういう考え方もあったか」という驚きにまさるものはない | トップページ | 野蛮の政治はひとを覊扼す。文明の民は覊扼を免る »

「状態(ヘクシス)」としての正義

001

-----

 あらゆるひとびとの解して正義(デイカイオシュネー)となすところのものは次のような「状態(ヘクシス)」にほかならないのをわれわれは見る。正義とは、すなわち、ひとびとをして正しいものごとを行うたちのひとたらしめるような「状態(ヘクシス)」、つまり、ひとびとをして正しきを行なわしめ、正しきを願望せしめるようなそうした「状態(ヘクシス)」の謂いである。不正義の場合もこれと同様に、それは、ひとびとをして不正をはたらかしめ、不正なものごとを願望せしめるような「状態(ヘクシス)」を意味する。われわれも、だから、これをもってわれわれの論議のだいたいの基礎としたい。
    --アリストテレス(高田三郎訳『二コマコス倫理学 上』岩波文庫、1971年、169頁。

-----


そう、状態としてあるのが「正義」。

11_p6120092


ニコマコス倫理学〈上〉 (岩波文庫)Bookニコマコス倫理学〈上〉 (岩波文庫)


著者:アリストテレス

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 「そういう考え方もあったか」という驚きにまさるものはない | トップページ | 野蛮の政治はひとを覊扼す。文明の民は覊扼を免る »

哲学・倫理学(古代ギリシア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「状態(ヘクシス)」としての正義:

« 「そういう考え方もあったか」という驚きにまさるものはない | トップページ | 野蛮の政治はひとを覊扼す。文明の民は覊扼を免る »