« 【覚え書】「今週の本棚 辻原登 評 江戸の思想史--人物・方法・連環 田尻祐一郎(中公新書・840円)」、『毎日新聞』2011年7月17日(日)付 | トップページ | Ma sensation d'inexactitude à fin de la radiodiffusion de l'analogue par gouvernement »

自省の一能の存否は、これ正に精神の健全なると否とを徴すべき証拠である?

01_dsc01149


-----

 自省の能とは、己が今ま何を為しつつある、何を言ひつつある、何を考へつつあるかを自省するの能を言ふのである。
 自省の一能の存否は、これ正に精神の健全なると否とを徴すべき証拠である。即ち日常の事に徴しても、酒人が杯を挙げながら「大変に酔ふた」または「大酔ひである」などと明言する間は、さほどに酔ては居ない、少なくとも自省の能がいまだ萎滅しないのを証するもので、決して乱暴狼藉には至らぬのである。また精神病者が自身に「己れは少し変だな」などと言ふ中は、やはり酔漢と同じで、いまだ自省の能を喪失しない、乃ち全然狂病者とはなつて居ない徴候である。
--中江兆民(井田進也校注)「続一年有半」、『一年有半・続一年有半』岩波文庫。1995年、170-171頁。

-----

台風一過。
東京ではここ数日涼しいというか肌寒い日が続いた所為で、どうも風邪をこじらせてしまい、発熱で苦しんでいるところなのですが、「風邪を引いた」という自覚があるだけ、まだましなのかもしれません。

エキセントリックなジャパニーズビジネスマンでしたら、風邪を引いているにもかかわらず「風邪を引いた」という自覚すらなく、馬車馬のごとく猪突猛進しなければならないのですが、コチトラ、そういう存在ではありませんので、「自覚」をもちつつ(仕事はしなければならないので)仕事を継続する次第ですが・・・

夏風邪というものは実にやっかいですね。

皆様もご用心くださいませ。

ただ、「風邪になろうが、槍が降ろう」が寝る前の「一杯」を欠かすことはできまんので、これが回復を阻んでいることは……

内緒です。


02_dsc01158


一年有半・続一年有半 (岩波文庫)Book一年有半・続一年有半 (岩波文庫)


著者:井田 進也,中江 兆民

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 【覚え書】「今週の本棚 辻原登 評 江戸の思想史--人物・方法・連環 田尻祐一郎(中公新書・840円)」、『毎日新聞』2011年7月17日(日)付 | トップページ | Ma sensation d'inexactitude à fin de la radiodiffusion de l'analogue par gouvernement »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自省の一能の存否は、これ正に精神の健全なると否とを徴すべき証拠である?:

« 【覚え書】「今週の本棚 辻原登 評 江戸の思想史--人物・方法・連環 田尻祐一郎(中公新書・840円)」、『毎日新聞』2011年7月17日(日)付 | トップページ | Ma sensation d'inexactitude à fin de la radiodiffusion de l'analogue par gouvernement »