« 【覚え書】ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」 | トップページ | 「合理的主義的・演繹的思考」も大事にされなければ、「書かれた言葉よりも、つねにより豊かな、より生き生きとした現実」をもって対抗することすらもできないのが現況でしょう »

保守主義的思考のメモ

1f_dscf5571


-----

 言葉というものは、単にそれを語る個人の言葉としてではなく、いわばその背景において成立したものであるとまったく同様に、個々人が歴史的現実を考究する際の問題設定、概念、範疇も、歴史的に生成した諸体験関連から部分を截りとったものにほかならない。しかしこの体験関連もまた実はそれ自体がまた、歴史的生成に参与した集合的な集団の諸力が、たえあず変転する社会的ならびに精神的現実の世界のなかで、みずからの方向を定めようとしておこった先行する試みの成果にほかならないのである。
だから「日常の生活経験」や、これと密接に結びついついた精神科学は、精密自然科学とはまったく別個の認識類型をなすものであって、それら精神諸科学が自然科学の範型(パラデイグマ)をめざすのは、はたして一般に正当な理想であるかどうかは、きわめて疑問である。一体、社会科学や精神諸科学がその現実把握力をもちうるのは、まさにこれらの科学がこのように実生活に即しているということがもたらされるのではあるまいか。それらが仕事にたずさわる際の観点、視座、秩序原理および範疇が、自己自身を解明しようとする生の本来的に変動し変容する創造物であるからこそ、まさにそれらが造形的でするどく洞察的なのではないだろうか。
    --カール・マンハイム(森博訳)『保守主義的思考』ちくま学芸文庫、1997年、13-14頁。

-----

Resize0231


|

« 【覚え書】ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」 | トップページ | 「合理的主義的・演繹的思考」も大事にされなければ、「書かれた言葉よりも、つねにより豊かな、より生き生きとした現実」をもって対抗することすらもできないのが現況でしょう »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/40625894

この記事へのトラックバック一覧です: 保守主義的思考のメモ:

« 【覚え書】ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」 | トップページ | 「合理的主義的・演繹的思考」も大事にされなければ、「書かれた言葉よりも、つねにより豊かな、より生き生きとした現実」をもって対抗することすらもできないのが現況でしょう »