« 絶対的正義の主張は、血と涙に濡れた無用の犠牲を生む | トップページ | しかし、「自分が正しい」と思うことの責任説明は丁寧にやる、そしてその実践的運動においても「みぐるしくない」ことを実践するのは一つの責任だと思う »

覚え書 道徳的なものの範囲(ニーチェ)

Resize0248

-----

 道徳的なものの範囲。--われわれは、われわれめいめいの誠実と正義の程度に応じてやった一切の古い経験の助けをかりて、たちどころに、新しい表象像を組み立てる。感覚知覚の領域にあってさえも道徳的体験とは別ものの体験などは全く存在しない。
    --ニーチェ(信太正三訳)『悦ばしき知識 ニーチェ全集8』ちくま学芸文庫、1993年、209頁。

-----

Resize0249


ニーチェ全集〈8〉悦ばしき知識 (ちくま学芸文庫)Bookニーチェ全集〈8〉悦ばしき知識 (ちくま学芸文庫)


著者:フリードリッヒ ニーチェ

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 絶対的正義の主張は、血と涙に濡れた無用の犠牲を生む | トップページ | しかし、「自分が正しい」と思うことの責任説明は丁寧にやる、そしてその実践的運動においても「みぐるしくない」ことを実践するのは一つの責任だと思う »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/40797452

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書 道徳的なものの範囲(ニーチェ):

« 絶対的正義の主張は、血と涙に濡れた無用の犠牲を生む | トップページ | しかし、「自分が正しい」と思うことの責任説明は丁寧にやる、そしてその実践的運動においても「みぐるしくない」ことを実践するのは一つの責任だと思う »