« 覚え書 科学高等教育機関としての大学 | トップページ | 「正しきをおこない、なにびとをも恐れるな」ということわざだけでは、この世を渡ることはできない »

夏の下町の風情は大川から、夕風が上潮と一緒に押上げてくる

01_img_0004


-----

 夏の下町の風情は大川から、夕風が上潮と一緒に押上げてくる。洗髪、素足、盆提灯、涼台、桜湯--お邸方や大店の歴々には味えない待ちつづきの、星空の下での懇親会だ。湯屋より、もちっとのびのびした自由の天地だ。
    --長谷川時雨『旧聞日本橋』岩波文庫、1983年、244頁。

-----

久しぶりに夏らしい一日。

東京の下町ではありませんが、からっとした陽気……でもそれは苦手ですが……ですが、少々湿度が低かった所為でしょうか。木陰を駆け抜ける風はさわやかで、ちょっとした涼に感動した一日。

東京気質というのは、粘着性というよりも少し「さっぱり」したところ。

それを「人情がない」という向きもありますが、僕は結構好きなんですよね。

夏の夕暮れに吹き込む一陣の涼風のように……。

Resize0292



《岩波書店岩波文庫》長谷川時雨旧聞日本橋 【中古】afb 《岩波書店岩波文庫》長谷川時雨旧聞日本橋 【中古】afb


販売元:古書 高原書店

楽天市場で詳細を確認する


|

« 覚え書 科学高等教育機関としての大学 | トップページ | 「正しきをおこない、なにびとをも恐れるな」ということわざだけでは、この世を渡ることはできない »

詩・文学・語彙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の下町の風情は大川から、夕風が上潮と一緒に押上げてくる:

« 覚え書 科学高等教育機関としての大学 | トップページ | 「正しきをおこない、なにびとをも恐れるな」ということわざだけでは、この世を渡ることはできない »