« 日本人の精神ならびに性格を甚だしく醜くするところの傷所 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:富山太佳夫評 『道徳・政治・文学論集』『秘義なきキリスト教』」、『毎日新聞』2011年8月28日(日)付。 »

単純で、善良で、物静かで、落着きあり、教養ある--それからその生活ぶりにおいてもまた考え方においても少しく『古風』な人

1_dsc01662


-----

 私の最も好きななのはいかなる種類の人であるか。
 既に述べた通り、それは単純で、善良で、物静かで、落着きあり、教養ある--それからその生活ぶりにおいてもまた考え方においても少しく『古風』な人である。落着きなき、気の変わりやすい、操人形のような、神経衰弱性の『デカダン者流』に対しては、私は殆ど一種の肉体的嫌悪を感ずる。私にとってこれと同じ程度に不快の念を催さしめる者は、一言半句にも拘泥してその真偽を決定せんとし、また何から何まですべて自分に関係さして考えるところの、かの諧謔を解せぬ頭の狭苦しい人々(ミクロケファーレン)である。
    --久保勉訳『ケーベル博士随筆集』岩波文庫、1957年、27頁。

-----


昨日と同じくケーベル(Raphael von Koeber, 1848-1923)先生の一節の紹介ですいません。

何しろ、原稿が仕上がらないっていうのと、作業中に作業用PCがブッコしてしまったので、週に一度の休日にもかかわらず、生産性の低い一日となってしまったことに拘泥してしまい……orzというところです。

まあ、しかし、そうした瑣事に振り回されず・・・これがメンドイのですが・・・、「単純で、善良で、物静かで、落着きあり、教養ある--それからその生活ぶりにおいてもまた考え方においても少しく『古風』な人」として生きていきたいものですネ。

そのためには、信念とか風体としては『古風』であったとしても、何に対しても「開かれた精神」であり続けなければ、「一言半句にも拘泥してその真偽を決定せんとし、また何から何まですべて自分に関係さして考えるところの、かの諧謔を解せぬ頭の狭苦しい人々」になってしまうのかも知れませんネ。

しかし……。

ふうむ。

いや……、

また今日からがんばろう。

以上。

Resize0010


|

« 日本人の精神ならびに性格を甚だしく醜くするところの傷所 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:富山太佳夫評 『道徳・政治・文学論集』『秘義なきキリスト教』」、『毎日新聞』2011年8月28日(日)付。 »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単純で、善良で、物静かで、落着きあり、教養ある--それからその生活ぶりにおいてもまた考え方においても少しく『古風』な人:

« 日本人の精神ならびに性格を甚だしく醜くするところの傷所 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:富山太佳夫評 『道徳・政治・文学論集』『秘義なきキリスト教』」、『毎日新聞』2011年8月28日(日)付。 »