« 覚え書:「今週の本棚:沼野充義・評 『困ってるひと』=大野更紗・著」、『毎日新聞』2011年8月21日(日)付 | トップページ | 日本国の天職如何、地理学は答へて曰く、彼女は東西両洋の媒介者なりと »

自己は自分の帰趨(よるべ)である。ゆえに自分をととのえよ。

2_dsc01538


1_dsc01563

-----

 みずから自分を励ませ。みずから自分を反省せよ。修行僧よ。自己を護り、正しい念(おも)いをたもてば、汝は安楽に住するであろう。じつに自己は自分の主である。自己は自分の帰趨(よるべ)である。ゆえに自分をととのえよ。--商人が良い馬を調教するように。
    --中村元訳『ブッダの真理のことば・感興のことば』岩波文庫、1978年。

-----


木曜日から4日間--。
通信教育部の夏期スクーリングにて「倫理学」を講じてきました。
昨日が最終講義。

100名ちかい学生さんたちと、「倫理学」とは何かを共に探究することができました。
履修してくださいました皆様方、また終了後おそくまで懇談に参加してくださいました皆様方、ほんとうにありがとうございました。

日々の生活のなかで、いろいろと凹み・悩むことの多い毎日ですが、生活を離れた世界というものは空虚な世界かも知れません。生活の場こそ、もっとも身近なものであり、ここにこそ倫理学が注目し、探究すべきものがある世界です。

その世界をたゆみなく、彩り豊かなものへと転換してゆきたいものです。

履修してくださいました皆様方、ほんとうにありがとうございました!!!

3dsc01575


ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)Bookブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)


販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 覚え書:「今週の本棚:沼野充義・評 『困ってるひと』=大野更紗・著」、『毎日新聞』2011年8月21日(日)付 | トップページ | 日本国の天職如何、地理学は答へて曰く、彼女は東西両洋の媒介者なりと »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/41313053

この記事へのトラックバック一覧です: 自己は自分の帰趨(よるべ)である。ゆえに自分をととのえよ。:

« 覚え書:「今週の本棚:沼野充義・評 『困ってるひと』=大野更紗・著」、『毎日新聞』2011年8月21日(日)付 | トップページ | 日本国の天職如何、地理学は答へて曰く、彼女は東西両洋の媒介者なりと »