« 「ポジティヴな意味における自由は、平等な者のあいだにのみ可能」なものだとすれば、 | トップページ | 悲しみにしろ喜びにしろ、それに心をおどらせたことのない人は、けっしてまともな人間とはいえないだろう。 »

覚え書:「『さようなら原発』決断を 大江さんら新政権に要請」、『毎日新聞』2011年9月7日(水)付。

1


-----

「さようなら原発」決断を
大江さんら新政権に要請

 東京電力福島第1原発事故を受け、作家の大江健三郎さんら原発依存からの脱却を訴える「さようなら原発1000万人アクション」の呼びかけ人が6日、東京都内で記者会見し「経済合理性や生産性ばかりにとらわれない理念を掲げる勇気と見識を求める」との声明を発表、野田新政権に原発の再稼働をさせないことなどを求めた。
 会見には作家の落合恵子さんやルポライターの鎌田慧、「賛同人代表」として宇都宮健日弁連会長が出席。大江さんは「原発事故は広島や長崎に次ぐ事態。二度と起こさない決意で政治を動かす必要がある」と訴えた。
 同アクションには音楽家の坂本龍一さんや作家の瀬戸内寂聴さんも名を連ねる。署名活動を行い、来年3月に衆参両院議長と首相に提出する予定。言語学者のノーム・チョムスキーさんからも賛同メッセージが届けられているという。

19日に都内で集会
 8日に日本青年館大ホール(新宿区)で大江さんらの講演会、19日に明治公園(同)で参加者5万人を目指す「さようなら原発集会」を開く。問い合わせは事務局(03・5289・8224)。【吉住遊、写真も】
    --「『さようなら原発』決断を 大江さんら新政権に要請」、『毎日新聞』2011年9月7日(水)付。

-----


Resize0018


Resize0019


|

« 「ポジティヴな意味における自由は、平等な者のあいだにのみ可能」なものだとすれば、 | トップページ | 悲しみにしろ喜びにしろ、それに心をおどらせたことのない人は、けっしてまともな人間とはいえないだろう。 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「『さようなら原発』決断を 大江さんら新政権に要請」、『毎日新聞』2011年9月7日(水)付。:

« 「ポジティヴな意味における自由は、平等な者のあいだにのみ可能」なものだとすれば、 | トップページ | 悲しみにしろ喜びにしろ、それに心をおどらせたことのない人は、けっしてまともな人間とはいえないだろう。 »