« 覚え書:「急接近:鷲田清一さん 「3・11」後の知と大学のあり方とは?」、『毎日新聞』2011年9月17日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「児童がつづった朝鮮人虐殺」、『毎日新聞』2011年9月17日(土)付。 »

〝ヒトラーの哲学は稚拙である〟以上に稚拙だけど声が大きいんですよw

Dsc01994

-----

 ヒトラーの哲学は稚拙である。けれどもそこでは多大な始原の潜在力が消費されて、その圧力のもとで、見すぼらしい空説虚言の殻は炸裂してしまう。そうした潜在力がドイツの魂の秘められた郷愁を目覚めさせる。伝染病とか狂気とかである以上に、ヒトラー主義は基礎的な諸感情の覚醒なのである。
    --レヴィナス(合田正人訳)「ヒトラー主義哲学に関する若干の考察」、『レヴィナス・コレクション』ちくま学芸文庫、1999年、92頁。

-----


東京都知事、それから大阪府知事の暴走をヒトラー(Adolf Hitler, 1889-1945)とアナロジーさせる言説をちらほら見受けることがありますが、正味のところ、ヒトラーレベルに達してもいない……というか僕の認識では手法としてもその初手にも到っていない〝禿びマッチョ〟orzってのが正味のところですが……「稚拙」な議論だとは思いますが、ただひとつ共通している点は、それでもなお存在するもんですネ。

大声で怒鳴る・罵倒する・断定することが思考麻痺を呼ぶというスタイル……。二人は何かをデザインしようとしているのではなく、ただ壊したいだけ。

現状が良くないってことは大抵のひとは理解している。

そこにつけ込み、「昔の方がましだった〝かもしれない〟」って「郷愁」を目覚めさして力を増幅させているのが実状でしょう。

たしかに「昔の方がましだった」ものもあるし、そうでない部分もあります。ただ、その精査を割愛して〝かもしれない〟ってところに乗っかかり、デザインなき暴走へ突き進むことには敏感になっておく必要があるのか知れません。

時代が時代だけに、〝騒音の向こう〟にあるところをじっくり見ていかないとまずいっすね。

Resize0006


レヴィナス・コレクション (ちくま学芸文庫―20世紀クラシックス)Bookレヴィナス・コレクション (ちくま学芸文庫―20世紀クラシックス)


著者:エマニュエル レヴィナス

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 覚え書:「急接近:鷲田清一さん 「3・11」後の知と大学のあり方とは?」、『毎日新聞』2011年9月17日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「児童がつづった朝鮮人虐殺」、『毎日新聞』2011年9月17日(土)付。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/41787081

この記事へのトラックバック一覧です: 〝ヒトラーの哲学は稚拙である〟以上に稚拙だけど声が大きいんですよw:

« 覚え書:「急接近:鷲田清一さん 「3・11」後の知と大学のあり方とは?」、『毎日新聞』2011年9月17日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「児童がつづった朝鮮人虐殺」、『毎日新聞』2011年9月17日(土)付。 »