« 覚え書:「核心 大江健三郎 フクシマをみつめて」、『毎日新聞』2011年9月19日(月)付。 | トップページ | 覚え書:「ザ・特集:脱原発「6万人」デモ 「子供守ろう」母の声届け」、『毎日新聞』2011年9月22日(木)付。 »

秋は来ぬ おくれさきだつ秋草も みな夕霜のおきどころ 笑ひの酒を悲みの 盃にこそつぐべけれ

1_dscf1159

-----

  秋は来ぬ
  秋は来ぬ
おくれさきだつ秋草も
みな夕霜のおきどころ
笑ひの酒を悲みの
盃にこそつぐべけれ
    --藤村藤村「秋思」、島崎藤村自薦『藤村詩抄』岩波文庫、1995年、60頁。

-----

昨夕、台風15号が首都圏を直撃。
夕刻、嵐の中を家人とひやひやしながらその災禍をやり過ごしましたが、時間が経つと……っていいますかその間は市井の仕事ちうでしたが……すっかり秋の気配。
※(こういうことを表記しないとスコボコにされるので、言表しておきますが、もちろんその厄災に対する何がないわけではありません、念のため)

このところ、日本の秋は「短くなった」といわれます。
たしかにその側面も否定しがたいのだとは思いますが、それだけではないのかもしれません。

普段聞き落としがちな虫の声、風の匂い、星のきらめきにも秋の気配は感じられるはず……。

一番大好きな季節が秋ですが、さて……、今年はどのように楽しみましょうか。


Resize0014


藤村詩抄 (岩波文庫)Book藤村詩抄 (岩波文庫)


著者:島崎 藤村

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 覚え書:「核心 大江健三郎 フクシマをみつめて」、『毎日新聞』2011年9月19日(月)付。 | トップページ | 覚え書:「ザ・特集:脱原発「6万人」デモ 「子供守ろう」母の声届け」、『毎日新聞』2011年9月22日(木)付。 »

詩・文学・語彙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋は来ぬ おくれさきだつ秋草も みな夕霜のおきどころ 笑ひの酒を悲みの 盃にこそつぐべけれ:

« 覚え書:「核心 大江健三郎 フクシマをみつめて」、『毎日新聞』2011年9月19日(月)付。 | トップページ | 覚え書:「ザ・特集:脱原発「6万人」デモ 「子供守ろう」母の声届け」、『毎日新聞』2011年9月22日(木)付。 »