« 生についての省察から、生活経験が成り立つ | トップページ | 哲学の目的は思考の論理的明晰化である。 »

学問上の「達成」はつねに新しい「問題提出」を意味する。それは他の仕事によって「打ち破られ」、時代遅れとなることをみずから欲するのである。

1_dsc01835


-----

 学問上の「達成」はつねに新しい「問題提出」を意味する。それは他の仕事によって「打ち破られ」、時代遅れとなることをみずから欲するのである。学問に生きるものはこのことに甘んじなければならない。
    --ヴェーバー(尾高邦雄訳)『職業としての学問』岩波文庫、1980年、30頁。

-----

ヴェーバーの指摘する「構え」としての「謙遜の念」は、学問だけに当てはまる問題じゃないんだよな~。

最近、このことを至極実感する次第です。

「問題提出」に対して、それと格闘することを回避して、守旧するという態度は、自分自身が「大切」にしているものすら「汚して」しまうわけなのですけど……、そのことを理解していない人間が多すぎて(涙

むか~し、「反省は猿にでもできる」というキャッチコピーがありましたが、「猿にはできるけど、人間にはできない」って註釈をいれたほうがいいんじゃねえのかって思うことが多いですねぇ。

Resize0023


職業としての政治 (岩波文庫)Book職業としての政治 (岩波文庫)


著者:マックス ヴェーバー

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 生についての省察から、生活経験が成り立つ | トップページ | 哲学の目的は思考の論理的明晰化である。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/41619680

この記事へのトラックバック一覧です: 学問上の「達成」はつねに新しい「問題提出」を意味する。それは他の仕事によって「打ち破られ」、時代遅れとなることをみずから欲するのである。:

« 生についての省察から、生活経験が成り立つ | トップページ | 哲学の目的は思考の論理的明晰化である。 »