« 1923年9月1日の吉野作造の軌跡 | トップページ | 覚え書:ザ・特集:「菅首相」なぜコケたか 同じ「市民運動出身」辻元衆院議員が語る」、『毎日新聞』2011年9月1日(木)付。 »

なんら責任を負う気のない奴隷たちは上司たちに服従するわけだが……

1_dscf9005


-----

 なんら責任を負う気のない奴隷たちは上司たちに服従するわけだが、当の上司たち自身も監督すべき事物の量に圧倒されているだけでなく、奴隷たち以上にいっそう広範囲において無責任を決めこんでいるので、労働の遂行じたいにおいても無数の不手際や落度がひきおこされる。
    --ヴェイユ(冨原眞弓訳)『自由と社会的抑圧』岩波文庫、2005年、126-127頁。

-----

結局の所、この「奴隷根性」が「だましだまし」の自転車操業としての現代を支えているわけだけれども、それは絶えず劣化を招来させる無責任の連鎖に他ならない……ウルトラセブン的に言えば「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」……わけですけども、その「無数の不手際や落度」が前世紀以上にリアリティをもったのが現在。

なにがしかの力あるものは、パンとサーカスで空目にさせようとしますけれども、どこまであらがうことができるのか。

ひとつ試されているような気がします。


Resize0014


自由と社会的抑圧 (岩波文庫)Book自由と社会的抑圧 (岩波文庫)


著者:シモーヌ・ヴェイユ

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 1923年9月1日の吉野作造の軌跡 | トップページ | 覚え書:ザ・特集:「菅首相」なぜコケたか 同じ「市民運動出身」辻元衆院議員が語る」、『毎日新聞』2011年9月1日(木)付。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/41461966

この記事へのトラックバック一覧です: なんら責任を負う気のない奴隷たちは上司たちに服従するわけだが……:

« 1923年9月1日の吉野作造の軌跡 | トップページ | 覚え書:ザ・特集:「菅首相」なぜコケたか 同じ「市民運動出身」辻元衆院議員が語る」、『毎日新聞』2011年9月1日(木)付。 »