« 学問上の「達成」はつねに新しい「問題提出」を意味する。それは他の仕事によって「打ち破られ」、時代遅れとなることをみずから欲するのである。 | トップページ | 覚え書:「シュレーダー前ドイツ首相:脱原発『日本国民の決断次第』」、『毎日新聞』2011年9月13日(火)付。 »

哲学の目的は思考の論理的明晰化である。

01_dsc01912


-----

四・二二
 哲学の目的は思考の論理的明晰化である。
 哲学は学説ではなく、活動である。
 哲学の仕事の本質は解明することにある。
 哲学の成果は「哲学的命題」ではない。諸命題の明確化である。
 思考は、そのままではいわば不透明でぼやけている。哲学はそれを明晰にし、限界をはっきりさせねばならない。
    --ウィトゲンシュタイン(野矢茂樹訳)『論理哲学論考』岩波文庫、2003年、51頁。

-----


今日から後期の「哲学」の授業。

「早ッ!!!」

……って思いきや、去年は13日から授業開始してたようにて……今時の学生さんは夏休み短いんだなアと驚きつつも、授業は無事に終了。

真夏のような34度でしたが、初回の講義に参加されたみなさまありがとうございました。

哲学とはカント(Immanuel Kant,1724-1804)も指摘している通り、なにかできあがった「哲学なるもの」を学習するのが哲学ではありません。

みなさんのもっている言葉にならない考えや観念、生活実感に言葉を与え、明晰にしていくのも哲学のひとつ。

これから15回、どうぞよろしくお願いします。

しかし、今日は暑かった。

Resize0024


Resize0025


論理哲学論考 (岩波文庫)Book論理哲学論考 (岩波文庫)


著者:ウィトゲンシュタイン

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 学問上の「達成」はつねに新しい「問題提出」を意味する。それは他の仕事によって「打ち破られ」、時代遅れとなることをみずから欲するのである。 | トップページ | 覚え書:「シュレーダー前ドイツ首相:脱原発『日本国民の決断次第』」、『毎日新聞』2011年9月13日(火)付。 »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/41657095

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学の目的は思考の論理的明晰化である。:

« 学問上の「達成」はつねに新しい「問題提出」を意味する。それは他の仕事によって「打ち破られ」、時代遅れとなることをみずから欲するのである。 | トップページ | 覚え書:「シュレーダー前ドイツ首相:脱原発『日本国民の決断次第』」、『毎日新聞』2011年9月13日(火)付。 »