« 覚え書:「文化勲章 三谷太一郎さん」2011年10月25日NHK報道。 | トップページ | 計画から目的を切り離し、目的から計画を切り離すということ。 »

覚え書:「異論反論 対日感情が好転しません 寄稿 城戸久枝」、『毎日新聞』2011年10月26日(水)付。

Kh1_dsc02726


-----

異論反論 対日感情が好転しません 寄稿 城戸久枝

「今」の中国、見極めよう
 中国に対して、みなさんはどんなイメージを持っているだろうか?
 振り返れば、注目が集まるのはネガティブな話題が多い。偽商品、パクリ疑惑、記憶に新しいのは高速鉄道の事故……。昨年秋の尖閣島沖衝突事件や、それらを発端に起こった反日の動きなどは、中国といった国に対する不信感を増長させたはずだ。
 どれも簡単に見逃せる問題ではない。ただ、これらのネガティブな話題が繰り替えされることにより、中国のマイナスの印象が強められていることも否めない。
 今後、中国に対するマイナスイメージを払拭するのは難しいだろう。
 思えば私たちは常に、中国とどう向き合うべきか、考えあぐねてきたように思う。そしてうまくいかない原因を中国に見出そうとしていた。だが、その原因の一つは、私たち自身にもあるのではないかと私は思う。
 さまざまな矛盾や歪みを抱えながらも成長を続ける中国は、いまや世界第2位の経済大国となった。一方で日本は長引く不況の中、経済が低迷し続けている。
 立場は大きく変わっているはずなのに、日本人の中国に対するとらえ方は、日本が経済大国といわれた時代とほとんど変わってはいない。
 しかし、本当にそれでいいのだろうか?
 私自身も、中国とは長い付き合いになるが、今の中国や中国の人々の変化に付いていくのは難しい。
 27年前、私は家族と初めて中国を訪れた。小型四輪駆動車に乗って父の養母の家を訪れた際、何十人もの人々に囲まれ、恐ろしかった印象が強い。中国は自分とは別世界の、遅れた国だと思っていた。
 十数年前、私は中国の長春市に留学していた。ささいなことが原因で反日感情の矢面に立たされた苦い経験もある。
 中国で理不尽な問題や矛盾に直面したとき、「やっぱり中国は……」と自分に言い聞かせて納得させていた。
 しかし、北京五輪が開催された2008年秋に訪中した際には、街の劇的な変化に驚かされた。郵便局で秩序正しく並ぶ人々を見て、中国の人々の意識が確実に変化しているのを肌で感じた。

国交正常化40周年で友好の広がりに期待
 日中関係は今も不安定な要素が多い。しかし、さまざまな可能性が秘められているとも思う。今後、中国とどう向き合っていくべきか? もちろん、中国側にも原因はあるだろう。しかし、私たち日本人が、変わる必要もあるのではないか?
 まずは、中国に対する凝り固まったマイナスイメージから抜け出そう。そして、あらゆる側面から今の中国を見極めるのだ。
 来年、日中国交正常化40周年を迎える。中国との友好が、新たな形で広がっていくことを期待している。

きどひさえ ノンフィクションライター。1976年愛媛県生まれ。父は中国残留孤児。中国留学時代の恋愛模様をつづった「長春発ビエンチャン行青春各駅停車」を11月半ばに出版する。
    --「異論反論 対日感情が好転しません 寄稿 城戸久枝」、『毎日新聞』2011年10月26日(水)付。

-----


Kh2_resize0100


Kh3_resize0095


あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅Bookあの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅


著者:城戸久枝

販売元:情報センター出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する


遥かなる絆 DVD-BOXDVD遥かなる絆 DVD-BOX


販売元:ポニーキャニオン

発売日:2009/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 覚え書:「文化勲章 三谷太一郎さん」2011年10月25日NHK報道。 | トップページ | 計画から目的を切り離し、目的から計画を切り離すということ。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

 20年ほど前から5回に渡り日中戦争の戦蹟を確認する旅を、ハルビンから南京まで行ってきました。観光地化されていない地域ではしっかり貧しさが残っており、日本人に対する反感も残っていたと感じています。
 観光地や都会では多くの中国の方から「日本人も軍国主義の犠牲者」との話を必ず聞きました。日中国交正常化に際して当時の周恩来首相が、中国全土に教育したとされていますがそれを聴くたびに気分が悪くなりました。
 それは、現在の中国人民が国家・共産党を超えられないことにほかならないのではないかと感じるからです。反日感情・行動があることは悪いとは思いませんが、それが本当に民意に基づいた感情と行動であるのか一国を支配しているイデオロギーに先導されているのか、不明確な所が常に感じられます。
 発達したネット上では監視の目を潜って個人の意見開示も行われているようですが、今後中国と交流を深めるにはやはり中国自身が民意度を上げることが必要と思います。

投稿: 小 泉 雄 一 | 2011年10月30日 (日) 17時04分

小泉様

実際に現地の訪問体験、考え方(と教育の与える問題)の変遷のレポートありがとうございます。ご指摘の通り、国民国家「意識」の創造という意味では、中国は……その価値評価は横に置きますが……優等生レベルで形成することがやっぱりできたのかなあと思います。

そして「現在の中国人民が国家・共産党を超えられないことにほかならないのではないかと感じる」というくだりは、まさにご指摘の通りかと思います。

知己に話をきいたりするなかでは、まさに「ホントは・・・」的な意見開示も出始めてきた感もあり、現実には、そのズレがぽろりぽろりと出始めてきているようですが、まだまだその漆喰は強固なものがあります。

今後どのように推移するのか……10年やそこそこでは難しいとは思いますが……、注視したいところです。

結局の所限界を有した枠内での議論には必ずほころびと限界が出てきます。自分自身もその自覚と警戒をわすれることなく、向き合っていきたいと思います。

投稿: 氏家法雄 | 2011年10月30日 (日) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/42705623

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「異論反論 対日感情が好転しません 寄稿 城戸久枝」、『毎日新聞』2011年10月26日(水)付。:

« 覚え書:「文化勲章 三谷太一郎さん」2011年10月25日NHK報道。 | トップページ | 計画から目的を切り離し、目的から計画を切り離すということ。 »