« ともかくも外面をごまかして何年いたから登級するの卒業するのということは絶えてなく、正味の実力を養うというのが事実に行われて居ったから…… | トップページ | 覚え書:「社説:国内でも宗教間摩擦 問われる共生の理念」、『中外日報』2011年10月22日(土)付。 »

私が世間に無頓着ということは……

11_dsc02673


-----

 それから、私が世間に無頓着ということは、少年から持って生まれた性質、周囲の事情に一寸とも感じない、藩の小士族などは、酒、油、醤油などを買うときは、自分自ら街に使いに行かなければならぬ。ところがそのころの士族一般の風として、頬冠をして宵出掛けて行く。私は頬冠は大嫌いだ。生まれてからしたことはない。物を買うに何だ、銭をやって買うに少しも構うことはないという気で、顔も頭も丸出しで、士族から大小は挟すが、徳利を提げて、夜はさておき白昼公然、町の店に行く。
    --福沢諭吉(富田正文校訂)『新訂 福翁自伝』岩波文庫、1978年、18頁。

-----


さて……。
日曜は講義・試験のすべてを終えてから、一服しておりますと、昨年の秋、「倫理学」を受講された学生さんと遭遇。

タバココミュニケーション?を軽くとってから、

「軽くいきますか?」

……ってことで「軽く」いった次第ですが、そういうことには無頓着であるということは大事ですねw

ぶっちゃけたやりとりができて楽しいひとときとなりました。

……っていずれにしても、2日間、結局の所、ほとんど寝ることができず、きつかった次第。若くないですね(汗


02resize0094


03resize0093


新訂 福翁自伝 (岩波文庫)Book新訂 福翁自伝 (岩波文庫)


著者:福沢 諭吉

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


福翁自伝Book福翁自伝


著者:富田 正文,福沢 諭吉

販売元:慶應義塾大学出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ともかくも外面をごまかして何年いたから登級するの卒業するのということは絶えてなく、正味の実力を養うというのが事実に行われて居ったから…… | トップページ | 覚え書:「社説:国内でも宗教間摩擦 問われる共生の理念」、『中外日報』2011年10月22日(土)付。 »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/42673170

この記事へのトラックバック一覧です: 私が世間に無頓着ということは……:

« ともかくも外面をごまかして何年いたから登級するの卒業するのということは絶えてなく、正味の実力を養うというのが事実に行われて居ったから…… | トップページ | 覚え書:「社説:国内でも宗教間摩擦 問われる共生の理念」、『中外日報』2011年10月22日(土)付。 »