« 覚え書:「急接近:斎藤友紀雄さん 自殺者13年連続3万人超、なぜ減らない?」、『毎日新聞』2011年10月29日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:池澤夏樹・評 『ガリラヤのイェシュー--日本語訳新約聖書四福音書』=山浦玄嗣・訳」、『毎日新聞』2011年10月30日(日)付。 »

多元的なイメージを合成する思考法の必要

Mm1_dsc02817

-----

 多元的なイメージを合成する思考法の必要 われわれの社会における言語が組織の多元化と平行して複数的になるということ、それからイメージ自身が、それがどんなに元来の対象から離れていても、そのイメージなりに社会的に通用して、独自の力になっていくということ、この基本的な事実から出発して、全体状況についての鳥瞰をいわばモンタージュ式に合成していくような、そういうテクニックと思考法というものを、われわれが要求されているんじゃないかと思うのあります。
 これは同時に社会科学の問題でもあります。原理とか原則とかの真理性というものによりかかっているだけではすまされなくなった。つまりこれがほんとうの「真理」なんだ、あとはみんなイリュージョンなんだといって安閑としていると、「イリュージョン」がどんどん新たな現実を作っていき、「真理」の方を置いてきぼりにして、現実が進行してしまうという、こういう状況のなかにわれわれはおかれている。十重二十重のイメージの壁のなかでひとり「真理」の旗を守るというだけではやっていけない。むしろどういうふうに、人々のイメージを合成していくか、組織内のコトバの沈殿を打破して自主的なコミュニケーションの幅をひろげていくかというのが、これからの社会科学の当面する問題ではないでしょうか。
 ちょうど犯人をさがすときに、犯人を見たという人々の印象からモンタージュ写真を作成するような操作が学問の方法の上でも考えられなければならない。原理原則から天降るのでなしに、いわば映画の手法のように、現実にある多様なイメージを素材として、それを積み重ねながら観客に一つの論理なりアィデアなどを感得させる方法を、もっと研究することが大事ではないかと思います。そういう問題を皆さんと一緒にこれから考えていきたいと思うものですから、その前提として、組織のタコツボ化の問題とイメージの一人歩きの問題という二つの問題に焦点をおいてお話しをしたわけであります。
    --丸山眞男「思想のあり方について」、『日本の思想』岩波新書、1961年、150-151頁。

-----

表現は少し「時代」を感じさせる丸山眞男(1914-1996)の指摘ですが、ここで丸山が指摘した問題、真理とイメージの二項対立、それから対立的にそれを向き合わせて、真理によりかかる安閑と、イメージに惑溺するというライフスタイルは、『日本の思想』が刊行されてからちょうど半世紀が経つというのにまったく解消されていませんネ。

解消どころか……ますますその泥沼に陥っている感すらあります。

結局のところ、「よりかかる」とか「(無反省としての)現状容認」というものが、ますます人間を引き裂いて行ってしまうということを学習しないと(><)

ちなみに、サッポロ「麦とホップ」、今季限定の「黒」でやったハーフ&ハーフはなかなかいけましたですよw


Mmresize0107


日本の思想 (岩波新書)Book日本の思想 (岩波新書)


著者:丸山 真男,丸山 眞男

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 覚え書:「急接近:斎藤友紀雄さん 自殺者13年連続3万人超、なぜ減らない?」、『毎日新聞』2011年10月29日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:池澤夏樹・評 『ガリラヤのイェシュー--日本語訳新約聖書四福音書』=山浦玄嗣・訳」、『毎日新聞』2011年10月30日(日)付。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/42754148

この記事へのトラックバック一覧です: 多元的なイメージを合成する思考法の必要:

« 覚え書:「急接近:斎藤友紀雄さん 自殺者13年連続3万人超、なぜ減らない?」、『毎日新聞』2011年10月29日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:池澤夏樹・評 『ガリラヤのイェシュー--日本語訳新約聖書四福音書』=山浦玄嗣・訳」、『毎日新聞』2011年10月30日(日)付。 »