« 覚え書:「境界を生きる:性分化疾患・決断のとき ~当事者、読者の声~ 男、女である前に人間」、『毎日新聞』2011年11月3日(木)付。 | トップページ | 存在しないものも存在するかのように思い込みがち »

覚え書:「社説:読書週間 大震災後に思う本の力」、『毎日新聞』2011年11月4日(金)付。

S1_dsc02908


-----

社説:読書週間 大震災後に思う本の力

 本の大切さを改めて考えるきっかけにしたい読書週間(11月9日まで)だが、大震災後の今年はいつも以上にその思いが強い。書物の力を求める人が多いのではないだろうか。
 現在の読書週間は1947年にスタートした。終戦後、読書の力で平和な文化国家を建設しようという思いからだった。ただ、この運動には、関東大震災で大量の出版物が失われた翌年の1924年、図書文化の普及をめざして運動が展開されたという前史がある。私たちには、災害や戦争で大きな被害を受けるたびに、心の復興のために読書を大切にしてきた歴史があるのだ。
 毎日新聞による第65回読書世論調査では、東日本大震災をきっかけに本を読むことが「より大切に思うようになった」人が約2割もいた。震災や豪雨で自分や家族が被災した人に限ると3割近くになった。
 理由として挙げられたのは、「事実を知る情報源になる」が最多で、「人生や物事を深く考えるきっかけになる」が次に多く、「心の支えになる」も少なくなかった。詳しく知ること、生きる指針を得ること、喪失感を埋めることに、本が期待されていることがわかる結果になった。
 被災地へ本を送る活動も各地で展開されている。毎日新聞が大阪国際児童文学館などと取り組む「いっしょだよ」キャンペーンもその一つ。これまでに75の保育園や幼稚園、小中学校に約4000冊を贈呈した。
 出版社などで構成する<大震災>出版対策本部も精力的に被災3県(岩手、宮城、福島)への図書寄贈プロジェクトを実行している。夏休み前の7月には1000円分の図書カード約13万2500枚を小学生たちに贈った。子供たちからのお礼の手紙が事務局に寄せられている。書名を挙げながら、「夏休みの楽しい思い出がふえた」「本がどれだけ大切なものかわかってきました」と、震災後の不安に負けず、感謝を記す文面が感動的だ。 本をめぐる状況は揺れ動いている。一つは電子書籍の市場が広がりつつあることだ。特に世界最大の電子書店、アマゾン・ドット・コムの日本進出が話題を呼んでいる。現在は価格などを出版社と交渉中だ。出版の多様性が失われないことを望みたい。
 全国の書店数が減少しているのも気になる。出版社「アルメディア」の調査では、01年に約2万1000店だったのが今年5月では約1万5000店になった。街の本屋さんは、子供たちが本に出会う場所だ。世論調査でも、「身近な小さな書店もあってほしい」と願う声は多い。読書の喜びを広げる小さな文化センターのようなものとして、活性化できないだろうか。
    --「社説:読書週間 大震災後に思う本の力」、『毎日新聞』2011年11月4日(金)付。

-----


S2_resize0120


S3_resize0121


|

« 覚え書:「境界を生きる:性分化疾患・決断のとき ~当事者、読者の声~ 男、女である前に人間」、『毎日新聞』2011年11月3日(木)付。 | トップページ | 存在しないものも存在するかのように思い込みがち »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/42868896

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「社説:読書週間 大震災後に思う本の力」、『毎日新聞』2011年11月4日(金)付。:

« 覚え書:「境界を生きる:性分化疾患・決断のとき ~当事者、読者の声~ 男、女である前に人間」、『毎日新聞』2011年11月3日(木)付。 | トップページ | 存在しないものも存在するかのように思い込みがち »