« 覚え書:「今週の本棚:池内紀・評 『「写真週報」に見る戦時下の日本』=保阪正康・監修、太平洋戦争研究会・著」、『毎日新聞』2011年11月27日(日)付。 | トップページ | 国家は生物の個体に比すべきもので、個々人は細胞のようなものだ、と考えている人もいるに違いない。しかし、これは明らかに間違いである。 »

買いかぶりおよび見くびりの感情は常に悪である

1a_dsc03314


-----

定理四八 買いかぶりおよび見くびりの感情は常に悪である。
証明 なぜならこれらの感情は(感情の定義二一および二二により)理性に矛盾する。したがって(この部の定理二六および二七により)それは悪である。Q・E・D・

定理四九 買いかぶりは買いかぶられる人間を容易に高慢にする。
証明 もしある人が愛のために我々について正当以上に感ずるのを我々が見るなら、我々は容易に名誉を感ずるであろう(第三部定理四一の備考により)。すなわち喜びに刺激されるであろう(感情の定義三〇により)。そして我々は自分について言われている善を容易に信ずるであろう(第三部定理二五により)。したがって我々は自分に対する愛のために自分について正当以上に感ずるであろう。言いかえれば(感情の定義二八により)我々は容易に高慢になるであろう。Q・E・D・
    --スピノザ(畠中尚志訳)『エチカ 倫理学 下』岩波文庫、1975年、60-61頁。

-----

……いや別に、「何」という訳じゃないンですけど……。


2resize0181


3resize0180


スピノザ エチカ 倫理学〈上〉 (ワイド版岩波文庫)Bookスピノザ エチカ 倫理学〈上〉 (ワイド版岩波文庫)


著者:ベネディクトゥス デ・スピノザ

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


スピノザ エチカ 倫理学〈下〉 (ワイド版岩波文庫)Bookスピノザ エチカ 倫理学〈下〉 (ワイド版岩波文庫)


著者:ベネディクトゥス デ・スピノザ

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 覚え書:「今週の本棚:池内紀・評 『「写真週報」に見る戦時下の日本』=保阪正康・監修、太平洋戦争研究会・著」、『毎日新聞』2011年11月27日(日)付。 | トップページ | 国家は生物の個体に比すべきもので、個々人は細胞のようなものだ、と考えている人もいるに違いない。しかし、これは明らかに間違いである。 »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 買いかぶりおよび見くびりの感情は常に悪である:

« 覚え書:「今週の本棚:池内紀・評 『「写真週報」に見る戦時下の日本』=保阪正康・監修、太平洋戦争研究会・著」、『毎日新聞』2011年11月27日(日)付。 | トップページ | 国家は生物の個体に比すべきもので、個々人は細胞のようなものだ、と考えている人もいるに違いない。しかし、これは明らかに間違いである。 »