« 覚え書:「今週の本棚:池澤夏樹・評 『負けんな、ヤルキキャンプ』=光安純・著」、『毎日新聞』2011年12月25日(日)付。 | トップページ | 「今週の本棚:松原隆一郎・評 『社会学の方法-その歴史と構造』=佐藤俊樹・著」、『毎日新聞』2011年12月25日(日)付。 »

ナショナリストは、味方の残虐行為となると非難しないだけではなく、耳にも入らないという、すばらしい才能を持っている

1_imgp1436

-----

ナショナリストは、味方の残虐行為となると非難しないだけではなく、耳にも入らないという、すばらしい才能を持っている。
    --オーウェル(小野寺健訳)「ナショナリズムについて」、『オーウェル評論集』岩波文庫、1982年、322頁。

-----


このオーウェル(George Orwell,1903-1950)の慧眼は、何も「ナショナリスト」にだけ限定される話ではないですよね。

ここに「集団」「党派」「民族」「時代」を入れても当てはまってしまう(´Д`*)


-----

狂気は個人にあっては稀有なことである。しかし、集団・党派・民族・時代にあっては通例である。
    --ニーチェ(木場深定訳)『善悪の彼岸』岩波文庫、1970年、123頁。

-----


2_resize0283


|

« 覚え書:「今週の本棚:池澤夏樹・評 『負けんな、ヤルキキャンプ』=光安純・著」、『毎日新聞』2011年12月25日(日)付。 | トップページ | 「今週の本棚:松原隆一郎・評 『社会学の方法-その歴史と構造』=佐藤俊樹・著」、『毎日新聞』2011年12月25日(日)付。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/43535296

この記事へのトラックバック一覧です: ナショナリストは、味方の残虐行為となると非難しないだけではなく、耳にも入らないという、すばらしい才能を持っている:

« 覚え書:「今週の本棚:池澤夏樹・評 『負けんな、ヤルキキャンプ』=光安純・著」、『毎日新聞』2011年12月25日(日)付。 | トップページ | 「今週の本棚:松原隆一郎・評 『社会学の方法-その歴史と構造』=佐藤俊樹・著」、『毎日新聞』2011年12月25日(日)付。 »