« 吉野作造:森有礼の『宗教自由論』に関連して | トップページ | 「VIEWPOINT 日仏に共通する長期的視野欠落 クロード・ルブラン」、『毎日新聞』2012年1月7日(金)付。 »

覚え書:「みんなの広場 政治番組とバラエティー番組」、『毎日新聞』2011年1月5日(木)付。

001

-----

政治番組とバラエティー番組
中学生 14

 「メロスには政治がわからぬ」。そう太宰治が書いたメロスのように、僕は政治がわからない。でも人としてあたりまえのことなら、わかる。なぜ、平和がよく、戦争はいけないのか。常識である。理由なんか、いらない。
 最近テレビを見て、おかしいと感じる。とりわけ、国会中継等の政治番組、そしてバラエティー番組。この二つには共通点がある。それは、人を傷つけて支持率や笑い、つまり「自益」を得ようとすること。政治ならば野党が与党を批判し、バラエティーでは誰かの痛みやコンプレックスをとりあげ、笑いをとる。
 それらがその世界の常識であったとしても、人を害して自益を得ようとしているのなら「戦争」と変わらないと思う。決して、平和ではない。それを支持したり、おもしろがったりしてしまう僕らも間違っているのではないか。
    --「みんなの広場 政治番組とバラエティー番組」、『毎日新聞』2011年1月5日(木)付。

※ 名前は匿名にしています。

-----


002


003


|

« 吉野作造:森有礼の『宗教自由論』に関連して | トップページ | 「VIEWPOINT 日仏に共通する長期的視野欠落 クロード・ルブラン」、『毎日新聞』2012年1月7日(金)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/43650225

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 政治番組とバラエティー番組」、『毎日新聞』2011年1月5日(木)付。:

« 吉野作造:森有礼の『宗教自由論』に関連して | トップページ | 「VIEWPOINT 日仏に共通する長期的視野欠落 クロード・ルブラン」、『毎日新聞』2012年1月7日(金)付。 »