« 覚え書:「社説:成人の日に――尾崎豊を知っているか」、『朝日新聞』2012年1月9日(月)付。 | トップページ | 覚え書:「哲学対話:小学生が楽しく テーマは人生、死、平等など 実践授業広がる」、『毎日新聞』2012年1月9日(月)付。 »

仮に一人を除く全人類が同一の意見をもち、唯一人が反対の意見を抱いていると仮定しても、人類がその一人を沈黙させることの不当であろうこと……

1_dsc04120

-----

 仮に一人を除く全人類が同一の意見をもち、唯一人が反対の意見を抱いていると仮定しても、人類がその一人を沈黙させることの不当であろうことは、仮にその一人が全人類を沈黙させうる権力をもっていて、それをあえてすることが不当であるのと異ならない。
    --J・S・ミル(塩尻公明、木村健康訳)『自由論』岩波文庫、1971年、36頁。

-----

年があけてから、橋下徹大阪市長閣下(1969-)が狂ったように「税金を投入されてる奴は俺のように実績を出すか黙っていろ」って連呼して、特定の学者たちをやたらめっぽう「個人攻撃」している。

もちろん、識者の提示したもろもろの議論における正当な批判は真摯に受け取るべきだろうし、批判とされるもののなかに「揶揄」のようなものが含まれているならば、「大声で叫び続けたモノが勝ち」ってやり方ではなく、それを適切に取り出し粛々とクリティークすればよいだけの話し。

しかしながら、閣下の詐称するような「具体的対案」というものが仮りになければ、議論から降りろ、というのは暴論に過ぎやしないだろうか。

民主主義はひとつのシステムにしか過ぎない。様々な意見の窓口を広く集約するシステムだ。そしてそこには負担が伴う。しかしその負担をコストとして窓口を閉ざしてしまうのは早計だろう。

もちろん、現行窓口運営経費のコストダウンは必要だろうけれども、それは窓口封鎖とは同義ではない。合意形成の決断は二者択一として断定されるわけだけど、その議論の土壌を粉砕するのは論外でしょう。

しかも、公正とは遠くかけ離れた「演出家」の田原さんに呼びかけてとかネ。

まあ、何をいってもいいんだろうけれども、何を封じてもよいわけではないことを基礎の基礎として理解しない限り、それはかえって自分の首を絞めることになるのだと思うのだろうけれども……ネ。

関連:橋下徹・大阪市長「田原さん、僕のことを大嫌いな大学教授達と直接討論させて!」批判だけでなく具体的対案示せ!と内田樹・中島岳志氏らに大反論

http://togetter.com/li/239822


2


|

« 覚え書:「社説:成人の日に――尾崎豊を知っているか」、『朝日新聞』2012年1月9日(月)付。 | トップページ | 覚え書:「哲学対話:小学生が楽しく テーマは人生、死、平等など 実践授業広がる」、『毎日新聞』2012年1月9日(月)付。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

倫理の世界にお招き頂きありがとうございました。

私のブログで、“仮に唯”を

転用させて頂きました。

報告が遅くなって申し訳ありません。

貴方が私の設置した投票に

コメントを寄せて下さったのではないかと

ほぼ確信しています。

仮に唯の後に、お金(治療費)の話にまで

言及されていたので、

すごく現実的で攻撃的な方なんだろうな・・・と

思ってましたが、意外とまろやか?!

別記事にも興味があるので、

時々お邪魔します。

投稿: shirokuro_cat_125 | 2012年2月 6日 (月) 13時51分

コメントありがとうございます。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

投稿: ujikenorio | 2012年2月 6日 (月) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/43704353

この記事へのトラックバック一覧です: 仮に一人を除く全人類が同一の意見をもち、唯一人が反対の意見を抱いていると仮定しても、人類がその一人を沈黙させることの不当であろうこと……:

« 覚え書:「社説:成人の日に――尾崎豊を知っているか」、『朝日新聞』2012年1月9日(月)付。 | トップページ | 覚え書:「哲学対話:小学生が楽しく テーマは人生、死、平等など 実践授業広がる」、『毎日新聞』2012年1月9日(月)付。 »