« 吉野作造と大川周明:「私は吉野さんに恩を蒙つてゐるので、一度お会ひして御礼を云ひたかつた」 | トップページ | 他人に恩恵を求めてその与えられざるを怒り、常に世の無常を憤りながら憂き日月を送る者は実に愚かなる者である »

覚え書:「今週の本棚:海部宣男・評 『日本人はどんな大地震を経験してきたのか-地震考古学入門』=寒川旭・著」、『毎日新聞』2012年2月19日(日)付。

H1

-----

今週の本棚:海部宣男・評 『日本人はどんな大地震を経験してきたのか-地震考古学入門』=寒川旭・著

 (平凡社新書・840円)

 ◇過去を読み解く、「予知」を見なおす
 M7級の首都直下地震が起きる確率は四年以内に七〇%という研究結果が、なぜか大新聞の一面で報道された。騒ぎになったがこの数字が不確かでもあり、研究者はもみくちゃ、科学への信頼にも疑問符、という事態に……。警鐘の役には立ったという好意的?見解もあるが。

 科学と社会とのコミュニケーションには、大事な要素が三つある。(1)科学者の明確で責任ある発信、(2)それを伝えるメディアの正確さと伝達力、(3)受け取る人々の科学の理解力、である。はしなくもここで示されたように、日本では三つともかなり低い。三者とも学んで鍛錬せねば。

 さて、日本は「地震予知」を国策にして莫大(ばくだい)な金と人を動かしてきた。「予知」とは、いつ何が起きるかを「予(あらかじ)め知る」ことだ。だが地震は破壊現象だから「予知」はできないと、科学者ならまず考える。ガラス板に力を加えて曲げていった時どの瞬間でどう割れるかは、割れるまでわからない。まして非常に長い時間で動く大地の破壊が相手だ。プレートの動きでいつかは起きるにしても、「いつ、どのように」を理論的に知ることは極めて困難。この点、確率や幅を持たせて推測する「予測」とは違う。冒頭の研究結果も、予知ではなく予測である。

 そのように予測すら難しい大地震だが、過去から学び、頻度のおおざっぱな時間スケールなどを掘り起こすことはできる。本書の著者は、地中の痕跡から大地震の歴史を読み解く「地震考古学」を推進してきた研究者である。特に、大地震の際の液状化現象が地層に顕著な痕跡を残すことに注目。各地の遺跡発掘や開発工事の際に地中の記録を読み、歴史文書に残る大地震との照合を進めてきた。過去の著作の中から三・一一を念頭に集成したのが本書で、「地震考古学」の現状を知るのによい。日本人が、いかに絶え間なく大地震や津波の被害を受け続けてきたか。めげない復興の営みとともに、うたれる思いがする。大地震をプレートによる「海溝型」と陸地中心の「活断層型」に分けた記述も、見通しがよい。そして日本全国、地震のない所はない!

 大津波の痕跡の調査には、長期にわたり地層が堆積(たいせき)する池や湖が有力だ。雑誌『科学』(岩波書店)の今年二月号は津波堆積物研究の特集なので、関心のある方はぜひ。

 先に述べた「地震予知」の問題について見落とせない本が、『日本人は知らない「地震予知」の正体』(ロバート・ゲラー著、双葉社・1260円)。昨年八月刊だ。タイトルがゲテモノ風とはいえ、刊行時に見落としたのは迂闊(うかつ)だった。

 著者は米国出身の地球物理学者で東大教授。かねて日本の地震「予知」研究を鋭く批判してきたことでも知られる。三・一一を受けてまとめたこの本には、日本の地震行政の驚くべき実態がてんこ盛りである。「予知はできないと知っているのに」政府の予知政策の金に群がる「地震予知」研究者たち。東大地震研究所のある所長の研究費獲得法を語る「正直発言」には、度肝を抜かれるでしょう。

 「地震予知研究」は名を変えながら大規模化し地震学者を潤してきたが、「予知」のかけらも生まず、鳴り物入りで警告した東海地震ではなくて、警戒されなかった阪神・淡路大震災、東日本大震災が続発した。それでも存続している裏には、原発ほどではないがよく似た、学・官・政の「地震予知ムラ」があるという。

 著者は地震研究の意義は認めつつ、国策としての「予知」研究の廃止、震災対策強化を求める。正面から反論できる地震学者はいるだろうか。
    --「今週の本棚:海部宣男・評 『日本人はどんな大地震を経験してきたのか-地震考古学入門』=寒川旭・著」、『毎日新聞』2012年2月19日(日)付。

-----


http://mainichi.jp/enta/book/news/20120219ddm015070009000c.html


H2


H3


|

« 吉野作造と大川周明:「私は吉野さんに恩を蒙つてゐるので、一度お会ひして御礼を云ひたかつた」 | トップページ | 他人に恩恵を求めてその与えられざるを怒り、常に世の無常を憤りながら憂き日月を送る者は実に愚かなる者である »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/44186030

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚:海部宣男・評 『日本人はどんな大地震を経験してきたのか-地震考古学入門』=寒川旭・著」、『毎日新聞』2012年2月19日(日)付。:

« 吉野作造と大川周明:「私は吉野さんに恩を蒙つてゐるので、一度お会ひして御礼を云ひたかつた」 | トップページ | 他人に恩恵を求めてその与えられざるを怒り、常に世の無常を憤りながら憂き日月を送る者は実に愚かなる者である »