« 覚え書:「みんなの広場 戦争反対と核廃絶を後世に」、『毎日新聞』2012年2月8日(水)付。 | トップページ | 松屋「牛めし」、並盛で240円の件 »

「なんの……いまとなっては、おもしろかったわえ」

0


-----

 苦笑と共に、信之が、
 「われらに面倒が見きれぬことよ」
 「御苦労を、おかけいたしまいた」
 しみじみと、右近がいった。
 「なんの……いまとなっては、おもしろかったわえ」
 事もなげに、一当斎信之が、
 「大名のつとめと申すは、領民と家来の幸せを願うこと、これ一つよりほかにはないのじゃ。そのために、おのれが進んで背負う苦労に堪え得られぬものは、大名ではないのじゃ。人の上に立つことをあきらめねばならぬ。わしが、孫の伊賀守を、あくまでも拒みぬいたのも、それがためであった。人は、わしを名君と呼ぶ……が、名君で当り前なのじゃ。いささかも偉くない。大名たるものは、いずれも名君でなくてはならず、そのことは、別にほめられるようなことでも何でもないのじゃ。百姓が鍬を握り、商人が算盤をはじくことと同じことよ」
    --池波正太郎『獅子』中公文庫、1995年、250頁。

-----

昨日は、またしても情けない話しですが、近況を心配してくださった卒業生から、

「一杯やりましょう」

……とお誘いを受け、吉祥寺にて晩酌。

ありがたいことです。

現実は、これから大変になっていくことは承知ですが、

あとになって今の時期を振り返るときがきた暁には、

「なんの……いまとなっては、おもしろかったわえ」

……などと放言できるようにしたいものです。

ともあれ、Hさん、ありがとうございました。


1


2


3


4


5


|

« 覚え書:「みんなの広場 戦争反対と核廃絶を後世に」、『毎日新聞』2012年2月8日(水)付。 | トップページ | 松屋「牛めし」、並盛で240円の件 »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/44062504

この記事へのトラックバック一覧です: 「なんの……いまとなっては、おもしろかったわえ」:

« 覚え書:「みんなの広場 戦争反対と核廃絶を後世に」、『毎日新聞』2012年2月8日(水)付。 | トップページ | 松屋「牛めし」、並盛で240円の件 »