« 旨いもの・酒巡礼記:東京都・新宿区編「ビア&カフェ BERG」 | トップページ | 覚え書:「VIEWPOINT 橋下市長は職員調査命令撤回を=ローレンス・レペタ」、『毎日新聞』2012年3月3日(土)付。 »

「木語:「30万人説」広めただけ=金子秀敏」、『毎日新聞』2012年3月1日(木)付。

1

-----

木語:「30万人説」広めただけ=金子秀敏

 <moku-go>

 名古屋市の河村たかし市長が物議をかもした。1937年の南京事件の被害者について「30万人とされるような大虐殺はなかったのではないか」と発言した。

 「30万ではない」説は日本国内では多数派だろう。ただし、では何人かとなると、20万説からゼロまで割れている。

 中国は30万が定説だ。根拠は東京裁判や南京軍事法廷だと主張している。共産党中央と中国政府が認定した数字だ。河村氏はそれが正しくないと思うなら、党中央と中国政府に言うのが筋だろう。南京市の役人に「党中央の歴史認識は間違っている」とねじ込んでみてもらちは明かない。相手を間違えている。帰国した代表団は、なぜ席を蹴って抗議しなかった!とネットでたたかれているという。

 タイミングも間違えている。ネットで2月23日付米国メディアCNNの書きぶりを検索してみたらいい。

 出だしが「日本の市長が、多くの記録によって立証された、70年以上前に中国で起きた虐殺事件を軽く見て怒りを呼んでいる」。次の段が「南京に侵入した日本軍のレイプ、殺人、略奪で殺された市民は30万人と見積もられる」。

 次が「事件は最近クリスチャン・ベール主演の映画『ザ・フラワーズ・オブ・ウォー(戦争の花)』で描かれた」。ここが問題だ。この映画の中国語タイトルは「金陵十三釵(チンリンシーサンチャイ)」。金陵とは南京、釵はかんざし。女性たちが米国人牧師のいる教会に逃げ込んだ。日本軍が女性を差し出すよう迫る。女学生を救うために売春婦たちが進んで犠牲になるという戦争美談だ。

 中国映画としては史上最高の約70億円をかけ、張芸謀(チャンイーモウ)監督がメガホンをとった。昨年12月13日、わざわざ「南京大虐殺記念日」を選んで、北京で封切りのセレモニーが行われた。同じ日に、南京の記念館では反日運動団体が5000人集会を開いた。危ういことに映画の売り込みと反日運動が連動している。

 大ヒットしている。映画館を出てくる中国人は興奮して「尖閣諸島を奪回せよ」と叫んでいるという。30万人が正しいかどうか、中国人が冷静に語りあえる時ではない。

 米国のCNNが30万人説を振りまくのはなぜか。米国も中国も東京裁判では同じ対日戦勝国である。日本の戦争犯罪がなかったとする歴史認識は持ち合わせていない。

 結局、河村発言でなにがどうなったのか。CNNが張芸謀映画を宣伝し、30万人説がいよいよ世界に広まった。この結果について河村氏は責任を感じているだろうか。(専門編集委員)
    --「木語:「30万人説」広めただけ=金子秀敏」、『毎日新聞』2012年3月1日(木)付。

-----

http://mainichi.jp/select/opinion/kaneko/news/20120301ddm003070059000c.html


2


3


|

« 旨いもの・酒巡礼記:東京都・新宿区編「ビア&カフェ BERG」 | トップページ | 覚え書:「VIEWPOINT 橋下市長は職員調査命令撤回を=ローレンス・レペタ」、『毎日新聞』2012年3月3日(土)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

日本人自身が、客観的資料に基づいて
この問題の本質を理解すればいいだけ。
余所の目を気にするように誘導しても、
これからの若者は騙されないよ。
毎日朝日は、戦前戦中戦後と事実と向き合うのが
とても苦手のようですなw

投稿: ゆとり | 2014年5月29日 (木) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/44345997

この記事へのトラックバック一覧です: 「木語:「30万人説」広めただけ=金子秀敏」、『毎日新聞』2012年3月1日(木)付。:

« 旨いもの・酒巡礼記:東京都・新宿区編「ビア&カフェ BERG」 | トップページ | 覚え書:「VIEWPOINT 橋下市長は職員調査命令撤回を=ローレンス・レペタ」、『毎日新聞』2012年3月3日(土)付。 »