« 東京の大雪:雪原をふき来る風はつめたくて春の光のあまねくなりぬ | トップページ | 国民のどの部分も「自己の反省」が無い。凡そ自己に対して反対の運動の起つた時、これを根本的に解決するの第一歩は、自己の反省でなければならない。 »

覚え書:「異論反論 橋下大阪市長に注目が集まっています 危うくとも潰してはならぬ=佐藤優」、『毎日新聞』2012年2月29日(水)付。

201


*p2*[覚え書]覚え書:「異論反論 橋下大阪市長に注目が集まっています 危うくとも潰してはならぬ=佐藤優」、『毎日新聞』2012年2月29日(水)付。


-----

異論反論 橋下大阪市長に注目が集まっています 危うくとも潰してはならぬ
寄稿 佐藤優

日本の政治が機能不全を起こしている。この閉塞状況を打破してくれるのではないかと橋下徹大阪市長に対する期待感が高まっている。同時に、橋下氏の手法が、ファシズムに親和的な「ハシズム」でないかという懸念も有識者の中で強い。筆者は、橋下氏の政治手法はファシズムと根本的に異なるとみている。まず橋下氏にはファシズムに特徴的な金融資本批判と社会的弱者に対する再配分という主張が欠如している。それ故に橋下氏が弱肉強食を是認する新自由主義者であると決めつけるのも間違いだ。橋下氏は、目の前にある問題を現実的に解決しようとする実証主義者である。
 さらにファシズムの特徴は、排外主義にある。国内政治において、橋下氏は常に仮想敵を作り出して、自らの権力基盤を強化するという手法をとっている。ポピュリズムの文法に従い、中国、韓国、北朝鮮、あるいはロシアを標的に定めた排外主義を用いると、橋下氏は国民的支持を急速に拡大できる。そのことをわかっていながら、橋下氏はあえて排外主義カードを切らない。外交・安全保障問題の重要性を橋下氏が直観敵に理解しているからだと思う。

天賦の才を日本のために活用すべし
 一部の有識者からの批判に対し、橋下氏はツィッターで感情的な言語を用いて激しく反応することがある。しかし、それ故に橋下氏に他者の見解に耳を傾けないという独善家というレッテルを貼るのは間違いだ。「お前はいかがわしいやつだ」という視座から行われる高踏的な批判に対して「何を偉そうな」と橋下氏は毒舌で応えるが、そうでない批判については、熟慮し、政策で軌道修正を行う。「船中八策」のたたき台で提唱した首相公選制についても元首は天皇であるということを明確にした。国民の直接選挙に基づく首相が生まれると権力と権威が一体化し、日本の国家体制を成り立たせる根底(伝統的な言葉でいうところの「国体」)を毀損する可能性があることに橋下氏が気づいたのだと思う。
 また、たたき台では米海兵隊普天間飛行場の沖縄県内移設を盛り込んだ「米軍再編のロードマップ(行程表)履行」と規定していたのを改め、「日本全体で沖縄の基地負担の軽減を図る新たなロードマップの作成に着手」と明記し、「普天間は県外で分散移設」との文言を加える方向で検討しているという(23日読売新聞電子版)。普天間問題の本質が、沖縄に過重な基地負担を強いている構造化された差別にあることに橋下氏が気づいたから、このような方針転換を行ったのである。
 橋下氏には確かに危うい要案がある。しかし、過ちを犯さないのは何もしない人だけだ。橋下氏を潰してはならない。民意を的確にとらえ、かつ柔軟に変容することができる橋下氏の天賦の才を日本のために活用すべきだ。
さとう・まさる 1960年生まれ。作家。元外務省主任分析官。同志社大学院神学研究科修士課程修了。「野田政権下で北方領土交渉が動くような予感がします。筆者のところにも、モスクワからさまざまなメッセージやシグナルが送られてきます」
    --「異論反論 橋下大阪市長に注目が集まっています 危うくとも潰してはならぬ=佐藤優」、『毎日新聞』2012年2月29日(水)付。

-----

202


203


|

« 東京の大雪:雪原をふき来る風はつめたくて春の光のあまねくなりぬ | トップページ | 国民のどの部分も「自己の反省」が無い。凡そ自己に対して反対の運動の起つた時、これを根本的に解決するの第一歩は、自己の反省でなければならない。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

 橋下氏が日本の閉塞状況を打開しようと登場している一方でその芽を潰そうと「橋下=ファシズム」論が展開されている。その内容について橋下氏の批判は正しく重要な指摘を含んでいる。そして「ハシズム」非難が今、「君が代起立」問題を材料にさらに強まっていることから氏の分析を検討することは極めて意義があると思います。
 さて、状況の深刻さは閉塞的政治そのものより、ハシズム論を展開している人々が民主主義や進歩、革新を標榜する、言わば民主主義派(先の大阪ダブル選挙で共産党とともに、原発容認の平松応援に奔走した山口二郎北大教授など)が(にも拘らず)、現状維持に死守する中央官僚機構やそれに頼り原発推進を先導する電力労連など「連合」に支えられる民主党政権への批判を明確にしないまま、結果として閉塞状況の維持に加担していることにある。しかもその現状認識が、①経産省はじめ官僚が天下りや優遇など好き放題を許され、政府原子力安全委員会の電力界との癒着が明らかになっても国民は憤懣を抱きながらもそれを打破できる術を持てず我慢を強いられるという政治構造、頑強な官僚主導体制が閉塞状況の軸にあること、②差し迫る大地震による第2のフクシマの危機が生まれていること、に対する認識がないことにある。
①については大阪府市統合本部特別顧問で橋下氏のブレーンである古賀茂明氏が的確に指摘し、脱原発の政策を関電に具体的に迫る行動を展開し、また公務員制度改革、官僚体制打破への道を進めようと努力している。また沖縄への本土の差別に根差した政府の普天間問題の取り組みに対する批判を展開しようとしている、そのような橋下政治の中身を一切無視してファシズムのレッテル貼りに拘ることに警鐘を鳴らす佐藤氏の主張は重要であり的を得たものと言えるし、教育問題や憲法改革など危うさを孕んでいるとはいえ、閉塞状況に風穴を開けることが今、最肝要でありその「潰してはならない」芽として「橋下氏の天賦の才」に期待する佐藤氏に共鳴します。

投稿: 浅田武 | 2012年3月21日 (水) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/44319639

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「異論反論 橋下大阪市長に注目が集まっています 危うくとも潰してはならぬ=佐藤優」、『毎日新聞』2012年2月29日(水)付。:

« 東京の大雪:雪原をふき来る風はつめたくて春の光のあまねくなりぬ | トップページ | 国民のどの部分も「自己の反省」が無い。凡そ自己に対して反対の運動の起つた時、これを根本的に解決するの第一歩は、自己の反省でなければならない。 »