« 「宗教アレルギーから脱していくためのまじめな学習」の必要性 | トップページ | 種類を問わずあらゆる言論にたいして制限も留保もなく与えられる全面的かつ無限定な表現の自由は、知性にとっての絶対的な欲求である »

覚え書:「再生への提言:東日本大震災 自発的変革の気概を=ジュネーブ大教授・日本学科長、ピエール・スイリ氏」、『毎日新聞』2012年3月14日(水)付。

201


-----

再生への提言:東日本大震災 自発的変革の気概を=ジュネーブ大教授・日本学科長、ピエール・スイリ氏

 昨年、私は本紙で「日本では天災が世直しの契機でもあった」と指摘した。あれから1年。私は失望している。日本の内側から、大きな復興を契機に、長期停滞の20年を再構築する気概も生まれてくると期待したが、無反応なままであるのに驚いている。
 歴史家の目から見て、今の日本の停滞の原因は、積極的に独自の未来モデルを創造してこなかったことにある。経済・外交政策の失敗、懸念されていた問題に抜本的な対策をとらず先送りしてきた。
 戦後復興の後に、独自の対策を生み出す機会も十分あったに違いない。その後、新自由主義経済をモデルに取り入れたが、現在それが失敗であったことが分かっているのに、曖昧なままだ。外交は、いまだに領土・歴史問題でもめている。第二次大戦の戦後処理からいつまでも解放されない。対米関係も、沖縄問題が象徴するように従属的な立場しか見えてこない。
 福沢諭吉は「文明論之概略」の中で、あらゆる人間関係が「力」の大小で序列化された「権力の偏重」を、日本文明を貫く病理と指摘したが、それは今なお根強いようだ。あまりにも権力に従順すぎる傾向を感じさせる。
 中世の日本では、領主、農民、僧侶、町衆などあらゆる階層で、共通の困難な課題に立ち向かう自立的集団「一揆」が結成され、社会を根本的に動かすダイナミズムがあった。日本には時代の課題に鋭く反応してきた伝統があり、江戸、幕末、明治、大正、戦後まで、自発的な変革のエネルギーが躍動していた。
 それが1980年代ごろから消滅し始めた。各階層の指導者たるべきエリートたちが、社会変革の責任を果たしてこなかったのが原因だ。国家と民衆への裏切りと言ってもおおげさではないだろう。
 表にまだ表れていないが、エネルギーは生まれようとしているのかもしれない。社会を変革させてきたダイナミズムの歴史の片りんを、近い将来に見ることができるだろうか。【聞き手・伊藤智永】

人物略歴 元日仏会館フランス学長(99~03年)。59歳。
    --「再生への提言:東日本大震災 自発的変革の気概を=ジュネーブ大教授・日本学科長、ピエール・スイリ氏」、『毎日新聞』2012年3月14日(水)付。

-----

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20120314ddm003040128000c.html

202


203


|

« 「宗教アレルギーから脱していくためのまじめな学習」の必要性 | トップページ | 種類を問わずあらゆる言論にたいして制限も留保もなく与えられる全面的かつ無限定な表現の自由は、知性にとっての絶対的な欲求である »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「再生への提言:東日本大震災 自発的変革の気概を=ジュネーブ大教授・日本学科長、ピエール・スイリ氏」、『毎日新聞』2012年3月14日(水)付。:

« 「宗教アレルギーから脱していくためのまじめな学習」の必要性 | トップページ | 種類を問わずあらゆる言論にたいして制限も留保もなく与えられる全面的かつ無限定な表現の自由は、知性にとっての絶対的な欲求である »