« 覚え書:「個人識別番号利用法案:不明確な『公益』 監視社会化懸念」、『毎日新聞』2012年3月10日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「みんなの広場 原発再稼働を求める地元住民へ 主婦 75(福島県郡山市)」、『毎日新聞』2012年3月9日(金)付。 »

どんなにきびしく暑い日でも かならず夕暮れが慰めてくれる そして愛情をこめ おだやかに そっと 母のような夜がその日を抱きしめてくれる

101

-----

それを忘れるな

どんなにきびしく暑い日でも
かならず夕暮れが慰めてくれる
そして愛情をこめ おだやかに そっと
母のような夜がその日を抱きしめてくれる

私の心よ おまえも おまえ自身を慰めるがよい
おまえのあこがれがどんなに激しくおまえを悩まそうと
おまえを母のようにやさしく抱きしめてくれる
夜が近づいているのだ

ひとつのベッドが、ひとつの棺が
安らいを知らぬこの遍歴者のために
見知らぬ人の手で用意されるだろう
その中でおまえはついに休息するのだ

それを忘れるな 私の奔放な心よ
どんなよろこびをも愛するのだ
そしてにがい苦しみをも愛するのだ
おまえが永遠に休息せねばならぬときまで

どんなにきびしく暑い日でも
かならず夕暮れが慰めてくれる
そして愛情をこめ おだやかに そっと
母のような夜がその日を抱きしめてくれる
    (一九〇八年)
    --ヘルマン・ヘッセ(フォルカー・ミヒェルス編、岡田朝雄訳)『地獄は克服できる』草思社、2001年、16-17頁。

-----


写真は昨年の3月11日の夕方の都下。
夕焼けだったんだなあと思い出す。

今日は饒舌になれません。

ヘッセ(Hermann Hesse,1877-1962)の詩をひとつ紹介しておきます。

102


|

« 覚え書:「個人識別番号利用法案:不明確な『公益』 監視社会化懸念」、『毎日新聞』2012年3月10日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「みんなの広場 原発再稼働を求める地元住民へ 主婦 75(福島県郡山市)」、『毎日新聞』2012年3月9日(金)付。 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんなにきびしく暑い日でも かならず夕暮れが慰めてくれる そして愛情をこめ おだやかに そっと 母のような夜がその日を抱きしめてくれる:

« 覚え書:「個人識別番号利用法案:不明確な『公益』 監視社会化懸念」、『毎日新聞』2012年3月10日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「みんなの広場 原発再稼働を求める地元住民へ 主婦 75(福島県郡山市)」、『毎日新聞』2012年3月9日(金)付。 »