« 覚え書:「みんなの広場 橋下氏の教育改革、効果に疑問」、『毎日新聞』2012年3月25日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「ひと 大学教授から合気道の道場主に転身した思想家 内田樹さん(61)」、『毎日新聞』2012年3月27日(火)付。 »

B級グルメ列伝:東京都中野区編 中華そば 青葉(中野 本店)

11

妻の実家へ春休みの帰省する息子を東京駅までおくってから、仕事へ出るには少し時間がありましたので、青春を過ごした地・中野へぶらりと途中下車。

駅前の再開発に驚きながら、サンモール、それから中野ブロードウェイをぐるっと見て回り、……10年ぶりになるでしょうか……「中華そば 青葉」(中野 本店)ののれんをくぐってしまいました。

混雑するよりちょいと前の時間にて、すんなりと着座。

いつも思うのですが、この「青葉」は店内が清潔でいいですね。

さて買った食券は定番の「中華そば」。

頼んでから5分ぐらい待つとうれしい再会です!!!

いわゆる魚介系スープのはしりといってよいでしょうか。
鰹節や煮干しを贅沢に使っているにも関わらず、さっぱりとしてい、豚骨醤油の味わいも濃厚なのにくどくなく、少し太めかなと思われる麺の一本一本にからみつくじゃアありませんか!!!

中盤にて「ゆず唐辛子」を投入して、風味を整え、後半戦。

あっという間の戦いでした。

いやはや、満足。

知人からは「(最盛期より)味が少し落ちたと思うよ」とは言われてはいたのですが、

なかなかどうして、おいしかったです。

魚介系スープは今ではカップ麺でも扱われるようになり、全国的に受容されていると思いますが、やはりその元祖ともいうべき「味わい」に感謝。

「青葉」は「万人受け」と評されるように「癖」がないといえばないのです。

しかし、だからこそ逆に、王道の味わいを丁寧に守っている気質を感じますね。

きちんとしたスープと麺、そしてかわることのないシンプルな具で直球ストレートは奇を衒うご時世において、大切なことではないかと思います。

また近いうちに訪問してみようと思います。

こんどは「つけ麺」ですかね?


中華そば 青葉 中野本店
東京都中野区中野5-58-1
10:30~スープが無くなり次第終了
定休日 木曜日
http://aobai.jp/


12


|

« 覚え書:「みんなの広場 橋下氏の教育改革、効果に疑問」、『毎日新聞』2012年3月25日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「ひと 大学教授から合気道の道場主に転身した思想家 内田樹さん(61)」、『毎日新聞』2012年3月27日(火)付。 »

B級グルメ列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B級グルメ列伝:東京都中野区編 中華そば 青葉(中野 本店):

« 覚え書:「みんなの広場 橋下氏の教育改革、効果に疑問」、『毎日新聞』2012年3月25日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「ひと 大学教授から合気道の道場主に転身した思想家 内田樹さん(61)」、『毎日新聞』2012年3月27日(火)付。 »