« 書評:若松英輔『井筒俊彦--叡知の哲学』慶應義塾大学出版会、2011年。 | トップページ | 書評:姜克實『近代日本の社会事業思想―国家の「公益」と宗教の「愛」』ミネルヴァ書房、2011年。 »

覚え書:「時代の風:『ソマリア化』する世界=仏経済学者・思想家、ジャック・アタリ」、『毎日新聞』2012年04月22日(日)付。

201


-----

時代の風:「ソマリア化」する世界=仏経済学者・思想家、ジャック・アタリ


 ◇政治の力で市場制御を--ジャック・アタリ(Jacques Attali)
 民主主義を伴わない市場のグローバル化(地球規模化)は「ルールのない世界」を生む。無政府状態が15年間も続くソマリアを想起してほしい。市場だけのグローバル化は「ソマリア化」と呼ぶことができる。そして私たちは今、どちらかというと、ソマリア化する世界の中にいるのだ。
 グローバル資本主義はグローバルにしか制御できない。地球規模で制御と監視にあたる手段が必要だが、世界的なルールを決めるのは難しい。ルールを適用しようとすると、拒否する国が出てきて失敗するからだ。例えば、模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)の交渉を見ても、中国やインド、アフリカ諸国が反対する一方、推進する国々は密室での交渉を進めてきた。合意に至るのは困難だ。
 市場は世界規模に拡大しているのに対して、国家は「国」の枠組みの中にとどまったままだ。グローバル経済に対応するには、法の支配を地球規模にまで拡大することだ。とてもユートピア的ではあるが、必要なことだと思う。
 (第二次大戦後の)1945年に設立された国連は長年、米国とソ連が率いる東西両陣営が対立してきたせいで、うまく機能してこなかったが、今なら、力を発揮することができる。そのためには、国連を効率化しなければならない。安全保障理事会と主要20カ国・地域(G20)を一体化し、国際通貨基金(IMF)の常設機関である国際通貨金融委員会を加えるのはどうだろう。そうすれば安保理は本当の権限を持つことになる。
 そして、(東西対立の冷戦構造の崩壊に伴う)ソ連・ワルシャワ条約機構の解体で存在意義を失った北大西洋条約機構(NATO)を国連軍に改編して、国連の指揮下に置く。日本、中国、ロシアをNATOに加盟させるべきだ。法の支配を世界に広げるには、世界警察としてのNATOが必要だからだ。
 国家が自国の領土しか制御しないのであれば、何も制御していないのと同じだ。米国は北米自由貿易協定(NAFTA)によって地域統合の場を作り始めた。欧州統合も進んでいる。アジアで地域統合が進まないのは、アジアの弱点でもある。
 欧州連合(EU)は「世界政府がどのような機関になるのか」という実験でもある。その意味で、EUが成功することは非常に重要なのだ。欧州が失敗すれば誰も成功できない。だが、EUが資金を調達し、投資し、徴税する権限を持つ連邦にならない限り、ユーロは5年以内に姿を消すと考えている。歴史上、ある「国」の通貨でない通貨が長続きした例はないからだ。
 最も重要かつ難しい問題は「民主主義と時間をいかに歩み寄らせるか」だ。市場の決定は民主国家の決定よりずっと早いので、当然、市場の勝ちとなる。だが、政治が市場に歩調を合わせてはいけない。そうではなくて、一定期間は政権が交代しない制度を作ることが必要だ。
 強大な権限を持つ民主国家は可能だ。例えばフランスの大統領がそうだ。(サルコジ)大統領がどれほど人気がなくとも5年間は任期が保障され、誰も交代させることができない。米国の大統領も4年間は辞めさせることができない。これに対して、日本やドイツ、イタリアが非常に脆弱(ぜいじゃく)なのは、政権をいつでも追い払うことができるからだ。
 民主的で強権的な政権ならば時間を味方に付けることができる。(国民の痛みを伴う政策を実行し)一時的に不人気になることが許されるからだ。政権が物事を成し遂げるためには、「一時的に不人気になってもいい」ということが必要なのだ。政権が5年間の任期が満了した時に依然として人気がないままなら、交代させられる。
 日本の大きな弱点は首相が非常に頻繁に代わる制度にある。日本の首相は優れている場合が多いが、長期的な計画を立てるにはあまりにも在任期間が短すぎる。日本にとって望ましいのは、政権に就いたら5年間は任期が保障される制度にすることだ。
 資源の乏しい日本がバイオテクノロジーやロボット技術、ナノテクノロジーで世界一の座に上り詰めたのは、かつて長期的なビジョンを持っていたからだ。しかし、日本は短期的な利益を目指すようになりつつある。私は菅直人前首相と在任中に会い、「2030年の日本を考える委員会」を設置するよう進言し、彼も賛同していた。だが、彼はすでに首相の座にいない。日本は長期的な視点で物事を考えなければいけない。
    --「時代の風:『ソマリア化』する世界=仏経済学者・思想家、ジャック・アタリ」、『毎日新聞』2012年04月22日(日)付。

-----

http://mainichi.jp/opinion/news/20120422ddm002070126000c.html

202


203


|

« 書評:若松英輔『井筒俊彦--叡知の哲学』慶應義塾大学出版会、2011年。 | トップページ | 書評:姜克實『近代日本の社会事業思想―国家の「公益」と宗教の「愛」』ミネルヴァ書房、2011年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/44985931

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「時代の風:『ソマリア化』する世界=仏経済学者・思想家、ジャック・アタリ」、『毎日新聞』2012年04月22日(日)付。:

« 書評:若松英輔『井筒俊彦--叡知の哲学』慶應義塾大学出版会、2011年。 | トップページ | 書評:姜克實『近代日本の社会事業思想―国家の「公益」と宗教の「愛」』ミネルヴァ書房、2011年。 »