« 覚え書:「論点 社会に出る君へ 堂々と間違える勇気を 寄稿 雨宮処凛 作家」、『毎日新聞』2012年4月1日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:松原隆一郎・評 『低線量被曝のモラル』=一ノ瀬正樹、伊東乾ほか著」、『毎日新聞』2012年4月1日(日)付。 »

新入学生に心掛けて欲しい3つのポイント(よき友、よき本、そしてほんものにふれること)

101


-----

学而第一
子曰。学而時習之。不亦説乎。有朋自遠方来。不亦楽乎。人不知。而不慍。不亦君子乎。
子曰く、学んで時に之を習う。亦た悦ばしからずや。朋あり、遠方より来る。亦た楽しからずや。人知らずして慍(いきど)おらず。亦た君子ならずや。
    --宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫、2000年、1頁。

-----


昨日は勤務校の入学式。
無事艱難をくぐりぬけ、入学された皆様おめでとうございます。

くどくどのべるまでもありませんし、もう飽きるほど耳にしたことがらかも知れませんが、在学中に、

1)一生涯つきあっていくような良き友をつくってください。
2)いい本をたくさんよんでください。
3)そして、ほんものに触れてください。

この3つを心掛けてみてください。
少し先輩からのアドバイスです。

これまでの義務教育課程とは異なり、大学の科目はひとつひとつ自分で選択するものです。もちろん、現状は就職予備校として機能しているきらいがありますので、ある程度はパッケージ化されているかも知れません。

しかし、意識的に、学問や事物、そしてひとと向き合うなかで、うえの3つを心がけると少しは違うものになると思います。

では、教室で出会える日を楽しみにしております。


102


|

« 覚え書:「論点 社会に出る君へ 堂々と間違える勇気を 寄稿 雨宮処凛 作家」、『毎日新聞』2012年4月1日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:松原隆一郎・評 『低線量被曝のモラル』=一ノ瀬正樹、伊東乾ほか著」、『毎日新聞』2012年4月1日(日)付。 »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/44736665

この記事へのトラックバック一覧です: 新入学生に心掛けて欲しい3つのポイント(よき友、よき本、そしてほんものにふれること):

« 覚え書:「論点 社会に出る君へ 堂々と間違える勇気を 寄稿 雨宮処凛 作家」、『毎日新聞』2012年4月1日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:松原隆一郎・評 『低線量被曝のモラル』=一ノ瀬正樹、伊東乾ほか著」、『毎日新聞』2012年4月1日(日)付。 »