« 書評:村岡健次『イギリスの近代・日本の近代―異文化交流とキリスト教』ミネルヴァ書房、2009年。 | トップページ | 和辻倫理学は、近代日本国家の勃興と挫折に運命を共にした思想体系であると評すべきもの »

酒をのめ、君、つまらぬことを言わぬがよい。

101


-----

選ぶなら酒場の舞いの男(カランダール)の道がよい。
酒と楽の音と恋人と、そのほかには何もない!
手には酒盃、肩には瓶子ひとすじに
酒をのめ、君、つまらぬことを言わぬがよい。
    --アマル・ハイヤーム(小川亮作訳)『ルバイヤート』岩波文庫、1979年、76頁。

-----

ツイッターをやってて良かったと思うのは「ああ、この人と会ってみたい」とか「この人と呑みたいなあ」っていう「息吹」を感じ取れることができることでしょうか。。

実際、おかしいやつらは一杯いるけど(汗、字面だけでヤバイかどうかはある程度わかる。ただお会いしたいなーっていう方はいっぱいいる。これは財産だなあと思う。

まあどのような情報媒介を選択しようとも、その背景には必ず人間が存在するわけだから、言葉をどのように使おうともその原点を忘れてしまうと、とんでもない言葉を垂れ流すようになってしまう。しかしそれを把握した人間は、人間を生かす言葉を使う。

そんなことをいつも感じるのですが、昨日は、ひさしぶりにそうしたお会いした方々と軽く一献のつもりが、ハンパ無く一献という状況を楽しんできました。

ご参加されました皆様、ありがとうございました。

日頃、ホント、この世の中はどうなっていくのか、目を覆いたくなるような毎日なのですが、また生きる希望を皆様から頂いたように思います。

ホント、ありがとうございました。


※蛇足ながら、国分寺の「恵比須屋」さんを利用しましたが、なかなか素敵なお店でしたw

http://r.gnavi.co.jp/g641700/


102


103


104


105


106


107


108


109


|

« 書評:村岡健次『イギリスの近代・日本の近代―異文化交流とキリスト教』ミネルヴァ書房、2009年。 | トップページ | 和辻倫理学は、近代日本国家の勃興と挫折に運命を共にした思想体系であると評すべきもの »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒をのめ、君、つまらぬことを言わぬがよい。:

« 書評:村岡健次『イギリスの近代・日本の近代―異文化交流とキリスト教』ミネルヴァ書房、2009年。 | トップページ | 和辻倫理学は、近代日本国家の勃興と挫折に運命を共にした思想体系であると評すべきもの »